日漢協について >> 日漢協の社会的責任 >> 日漢協企業行動憲章

日漢協企業行動憲章

I.「日漢協企業行動憲章」の制定にあたって

 2010年9月に経団連は、「企業の社会的責任」を取り巻く最近の状況変化を踏まえ、「企業行動憲章」および「実行の手引き」を改定しました。また、各加盟団体に対し、企業行動憲章等を参考にグループ企業を含めた事業活動全般について総点検を行うとともに、体制の強化を図るよう依頼しました。これを受け、日薬連では、「企業倫理徹底のお願い」を発出しました。
 これは、これまで様々な業界で、法令遵守違反により、世の中の人々からの信頼を失い、業績が悪化し、ついには市場から撤退せざるをえない状況に至った企業もあったことを受けたものです。また、製薬企業として、確固たる企業倫理を確立・実践するとともに、「企業行動憲章」を策定のうえ、これを厳格に実施して、役員および従業員が違法行為に陥ることなく、未然に防止し、正常な企業活動が継続され、発展していくことが最大の目的とされています。
 日漢協は、会員会社が自然の恵みを受けた生薬を原料とした事業活動を行い、生薬資源の保護・保全・栽培および循環型社会を目指していることを前提に、今後のコンプライアンスの指針として必要と思われる「地球環境への取り組み」、「適正使用の推進とエビデンスデータの収集」、「循環型社会への協力」、「国際規範の尊重」等、より広い視点から12項目にわたる「日漢協企業行動憲章」を策定しました。


II.「日漢協企業行動憲章」

日漢協会員会社は、生命関連商品である医薬品を取り扱う企業として、極めて高い倫理観が求められています。会員会社は、自然の豊かな恵みを受けて育った生薬を基本とする事業活動を行っていることを絶えず忘れずに、地球環境を守るべく自然との共生を考慮しつつ、高品質な漢方製剤、生薬製剤および生薬を安定供給します。また、その役割と機能を高めるとともに、国民の健康に貢献することを目指します。
 そのため会員会社は、次の行動原則に基づき、国の内外を問わず、人権を尊重するとともに、すべての法令、行動規範およびその精神を遵守し、高い倫理観をもって行動します。

1.品質および安定確保の推進
 地球環境の保護・保全に努めつつ、原料生薬の品質および安定確保の推進を図り、より高品質な漢方製剤、生薬製剤および生薬を安定的に供給することにより国民の健康に貢献します。
2.地球環境への取り組み
 地球環境への取り組みは人類共通の課題であり、漢方・生薬を取り扱う企業の必須として、生物多様性にも配慮した生薬資源の保護・保全および栽培に尽力し、責任をもって自然と共生するための活動を主体的に行います。
3.適正な取引と流通
 公正で自由な競争を通じ、漢方製剤・生薬製剤および生薬として、適正な取引と流通を行います。また、医療関係者をはじめ、政治、行政との健全かつ正常な関係を維持します。
4.適正使用の推進とエビデンスデータの収集
 漢方製剤・生薬製剤および生薬の適正使用 の推進とエビデンスデータの収集を行ない、 製造販売後の品質・安全性・有効性に関する 情報の収集・分析評価とその伝達を迅速かつ 的確に行います。
5.個人情報・顧客情報の取り扱いと企業情報の開示
 個人情報・顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底します。また、漢方・生薬を取り扱う企業を取り巻くステークホルダーとのコミュニケーションを広く行い、企業情報を適時適切かつ公正に開示します。
6.循環型社会への協力
 生薬資源の効率的な利用やリサイクルを進めることにより、環境への負荷が少ない「循環型社会」に協力します。
7.労働環境の充実
 従業員の多様性・人格・個性を尊重するとともに、働きがいのある、安全で豊かな労働環境を実現します。従業員の倫理観の高揚と資質の向上を図ることを企業の責務とします。
8.社会貢献活動
 良き企業市民として、社会貢献活動を積極的に行います。
9.反社会的勢力への対応
 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対し毅然として対決し、関係遮断を徹底します。
10.国際規範の尊重
 事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律遵守および人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより、文化や慣習、ステークホルダーの関心に配慮した経営を行い、当該国・地域の発展に貢献します。
11.経営者の役割
 経営者は、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、自社およびグループ企業にその徹底を図るとともに、取引先にも促します。また、社内外の声を常時把握し、実効ある社内体制を確立します。
12.経営者の権限と責任
 本憲章に反するような事態が発生したときには、経営者自らが問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行います。
あとがき
 漢方・生薬を取り扱う企業は、地球環境に配慮した企業を目指し、企業行動憲章の精神に則り、活動を行うことを自主的に申し合わせます。