日漢協について >>日漢協の調査 >>漢方薬処方実態調査

漢方薬処方実態調査

漢方薬処方実態調査2011

掲載日:2011/11/14
日本漢方生薬製剤協会(会長:芳井順一)では、漢方薬の処方実態について調査を行い、その結果を基に最新データを作成しました。

【目的】
当協会は、2008年にも同様の調査を行っています。その後、漢方薬治療の科学的根拠(エビデンス)がより一層解明され、漢方薬処方量も増加しています。このような環境のもと、漢方薬処方の実態を把握するとともに、漢方薬へのニーズや最新の評価を明らかにすることにより、今後の漢方薬処方の普及に関する継続的な最新データを得るため調査を実施いたしました。

【調査方法】
調査期間:2011年8月30日〜9月5日
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査対象:医師(歯科、眼科、美容外科、理学診療科等を除く)
有効回答数:627
調査機関:株式会社アンテリオ(旧:ティー・エムマーケティング株式会社)

【調査結果】
現在漢方薬を処方している医師は約90%にのぼり、その漢方薬処方実態は多くの指標で 前回の調査結果より向上しておりました。 主な指標は以下のとおりです。

●漢方製剤を現在使用している 89.0% (前回 83.5%)
●漢方製剤を第一選択薬とする場合がある 59.0% ( 〃  52.7%)
●治療効果が高い 50.2% ( 〃  43.4%)
●満足度が高い 53.6% ( 〃  49.0%)
●効果が不十分 23.2% ( 〃  32.7%)
●エビデンスが十分でない 34.8% ( 〃  39.8%)

その他詳細は別添資料をご参照ください。
→漢方薬処方実態調査(定量)Summary Report(PDF形式・1,040KB)

漢方薬処方実態調査2008

掲載日:2009/12/09

【目的】
漢方薬処方の実態を把握すると共に、漢方薬へのニーズや評価等を明らかにすることにより、今後の漢方薬処方普及の基礎資料を得ることを目的とする。

【調査方法】
調査期間:2008年8月5日〜9月12日
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査対象:日本の医師(歯科,眼科,美容外科,理学診療科等を除く)
有効回答数:684
調査機関:ティー・エムマーケティング株式会社

【調査結果】
日本漢方生薬製剤協会が実施した「漢方薬処方実態調査」によれば、全体の83.5%の医師が漢方薬を処方していると回答しています。 漢方薬単独での処方が20.2%、西洋薬との併用が79.8%となっており、 漢方薬を処方する理由の上位3項は、
@西洋薬で効果がなかった症例で漢方薬が有効56.4%、 A患者さんの要望44.3%、 Bエビデンスが学会などで報告された33.6% となっています。



その他詳細は別添資料をご参照ください。
→漢方薬処方実態調査(定量)Summary Report(PDF形式・1,908KB)