漢方・生薬について >> 生薬の解説 >> オウゴン

生薬の解説 : オウゴン

オウゴン (黄芩)

一般にコガネバナの和名が用いられ,漢字で「黄金花」とするところから, 黄金のような黄色の花が咲くように思われやすいが,実際は紫紅色の花である. 享保年間に朝鮮半島より渡来,その後,奈良県や群馬県に広がった. コガネバナ(黄金花)の名は,根が黄色であることに基づいたものである.


<原植物>

①原産地又は分布
  中国北部,東シベリア,朝鮮半島にかけて分布する.

②植物形態
  高さは30〜60p,花は6〜9月頃茎の上部に穂状花序をつけ,
  紫紅色の唇形花を多数腋生する.


<生薬>

①基原
  コガネバナ Scutellaria baicalensis Georgi (シソ科 Labiatae) の周皮を除いた根を乾燥したもの.

②産地
  中国 (山東省,河北省,内蒙古自治区,山西省 等)

③生薬の性状
  円錐状,円柱状,半管状又は平板状で,長さ5〜20 p,径0.5〜3 pである.外面は黄褐色を呈し,粗雑で著明な縦じわを
  認め,ところどころに側根の跡及び褐色の周皮の破片を残す.上端には茎の跡又は茎の残基を付ける.ときに木部の中
  心部は腐朽し,またしばしばうつろとなる.質は堅いが折りやすい.折面は繊維性で黄色である.
  ほとんどにおいがなく,味はわずかに苦い.
  横切片を鏡検するとき,残存したコルク層は6〜20 層で,皮部は柔組織からなり,厚壁細胞が散在する.木部は柔細胞か
  らなり,道管及び少量の木部繊維が認められる.道管は通常,群をなし,接線方向若しくは放射方向に配列するか又は不
  定形を呈する.木部の中心部が腐朽するものでは,空洞化した部分の周囲にコルク層が認められる.皮部及び木部の柔
  細胞中には,単粒及び複粒のでんぷん粒が含まれる.(日局16 第一追補)

栽培 中国産 野生 中国産

④成分
  フラボン類:バイカレイン(baicalein),オウゴニン(wogonin),バイカレインの配糖体であるバイカリン(baicalin) 等.

⑤日局16 第一追補規格値
  バイカリン     10.0%以上
  純度試験     (1) 重金属 10ppm以下
             (2) ヒ素    5ppm以下
  乾燥減量     12.0%以下(6時間)
  灰分         6.0%以下

⑥適用
  健胃消化薬,止瀉整腸薬,瀉下薬,解熱鎮痛消炎薬,消炎排膿薬,尿路疾患用薬,止血薬,高血圧症用薬,
  精神神経用薬とみなされる処方に配合されている.

⑦配合される主な漢方処方
  黄芩湯,乙字湯,黄連解毒湯,柴陥湯,柴胡桂枝湯,柴胡清肝湯,柴苓湯,三黄瀉心湯,三物黄芩湯,生姜瀉心湯,
  小柴胡湯,潤腸湯,辛夷清肺湯,清肌安蛔湯,清湿化痰湯,清上防風湯,清肺湯,大柴胡湯,当帰散,半夏瀉心湯,
  補気建中湯,防風通聖散,竜胆瀉肝湯 等




○呼び名
  堅くてうつろのない紡錘状のものを丸軸,条芩,枝芩,子芩と称し,尖芩は,条芩の先端の細かい部分のこと
  をいう.老根で中がうつろとなったものを枯芩,平手及びその破片を片芩と称する.これらはオウゴンのみがき等
  調製時に出来るものである.

○生薬の品質を五感で判断する方法
  ・条芩は,野生品で色は黄褐色(いわゆる黄金色)で,大きいものは径4〜5cmに達するものもある.また,生育年
   数が長いものには中心部の木部が腐朽(別名アンコ)し,空洞化したものが見られる.
  ・尖芩はアンコがなく,色も良いとされる.
  ・栽培品の色は黄色〜黄緑色で野生品とは異なる.収穫は2〜3年で行われ,アンコが少ない.

○野生品のバイカリン含量は,おおよそ10〜15%で,一般的に,栽培品は野生品より高い傾向がある.

○代表的な成分の構造式