漢方・生薬について >> 生薬の解説 >> ハンゲ

生薬の解説 : ハンゲ

ハンゲ (半夏)

東アジアに分布し日本各地でみられる多年生草本。
塊茎を薬用として用いる。
基原
カラスビシャク Pinellia ternate Breitenbach
(サトイモ科 Araceae)のコルク層を除いた塊茎を乾燥したもの。
産地
中国 (四川省、甘粛省、貴州省 等)
性状
やや偏圧された球形〜不整形を呈し、径0.7〜2.5cm、高さ0.7〜1.5cmである。
外面は白色〜灰白黄色で、上部には茎の跡がくぼみとなり、その周辺には根の跡がくぼんだ細点となっている。
質は充実する。切面は白色、粉性である。
ほとんどにおいがなく、味は初めなく、やや粘液性で、後に強いえぐ味を残す。
横切片を鏡検するとき、主としてでんぷん粒を充満した柔組織からなり、わずかにシュウ酸カルシウムの束晶を含む粘液細胞が認められる。
でんぷん粒は主として2〜3個の複粒で、通例、径10〜15μm、単粒は、通例、径3〜7μmである。束晶は長さ25〜150μmである。
成分
アミノ酸類、脂肪酸類、β-β-sitoseteryl-D-glucoside、水溶性多糖類、 3,4-diglycosilic benzaldehyde、amylose、guanosine。
生薬試験 局方規格値
純度試験
(1) Arisaema属植物及びその他の根茎 鏡検するとき、皮部の外層に粘液道を認めない
(2) 重金属 10ppm以下
(3) ヒ素   5ppm以下
乾燥減量  14.0%以下(6時間)
灰分     3.5%以下