制作物のご紹介 >> 一般用漢方処方の確認票

一般用漢方処方の確認票

安全に使うための一般用漢方処方の確認票


身体に合わない漢方薬の使用は、思わぬ副作用 に繋がるおそれがあります。
「確認票」は、患者様の体質や症状をチェック して、副作用を回避してもらうことを目的に作られています。
患者様のセルフチェック や、販売員の情報提供 にご利用いただけます。

※本制作物は国立医薬品食品衛生研究所生薬部による制作物です。
  詳しい研究の経緯および関連資料は国立医薬品食品衛生研究所生薬部のホームページ
  確認できます。

問い合わせ先
国立医薬品食品衛生研究所
「漢方製剤の安全性確保に関する研究」事務局
kampo-anzen@nihs.go.jp

関連資料として、「確認票」の対象39処方の中から、類似した効能効果を持つ処方の使い分けの目安を示した「安全に使うための一般用漢方処方の鑑別シート」があります。資料は、国立医薬品食品衛生研究所生薬部のホームページから入手可能です。

一般用漢方製剤は、一般用医薬品販売制度のリスク区分において第2類医薬品に分類されていますが、漢方医学には独特の「証」という考え方があることから、平成23年のリスク区分の見直し過程において、薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部安全対策調査会から情報提供用補助ツールの必要性が指摘されました。

これを受けて、厚生労働科学研究費補助金医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業「一般用医薬品における、化学合成品等のリスク区分の見直しと漢方製剤の安全性確保に関する研究」(平成24年〜26年度)〔研究代表者:合田幸広(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)〕の分担研究「漢方製剤の安全性確保に関する研究」〔研究分担者:袴塚高志(国立医薬品食品衛生研究所生薬部長)〕がスタートし、日本漢方生薬製剤協会一般用漢方製剤委員会及び厚生労働省医薬食品局安全対策課の協力のもと、39処方に関する「安全に使うための一般用漢方処方の確認票」(以下、確認票)が作成されました。

「確認票」は、一般用漢方製剤として売り上げの多い処方を中心に、消費者が一般用漢方製剤を安全かつ効果的に使用するためのツールとして作成され、消費者の体質や症状に合った適切な処方の使用を促し、副作用の発現回避を手助けするものです。研究班では薬局における「確認票」の利用について、以下の二様に想定しています。
1.「確認票」を漢方製剤売場近くに配置し、消費者がCMや商品パッケージ等の情報に基づき選んだ商品について、消費者自ら、あるいは販売者と共に、「確認票」を使って服用の可否をチェックできるようにする。
2.漢方製剤を購入しようとする消費者に対して、販売者が「確認票」を使って情報提供する。