制作物のご紹介 >> 日漢協ガイド >> JKMA GUIDE 2005

JKMA GUIDE 2005

2005年9月制作  ※「JKMA GUIDE」の内容の一部は、「日漢協について」でも紹介しています。

専門委員会

日本漢方生薬製剤協会の事業活動は、主に協会の目的達成のために設置されている各種の専門委員会を通じて推進されています。現在13の委員会と一つの審査会があり、それぞれ下記の活動を行っています。
総務委員会
●委員長:中山照也・(株)ツムラ

(1)予算、決算等の管理に関する事項
(2)事業報告、事業計画に関する事項
(3)協会活動の効率化推進に関する事項
(4)会則・諸規定の見直し整備
(5)「薬剤経済学的視点からの漢方製剤の評価研究」の検討と実施
(6)各委員会に属さない渉外業務・庶務に関する事項
技術委員会
●委員長:佐々木博・(株)ツムラ

■試験法部会
■不純物試験法部会
■GMP部会

(1)漢方・生薬製剤の品質に関する事項
(2)生薬及び漢方製剤の局方収載に関する事項
(3)生薬及び漢方・生薬製剤の不純物(残留農薬、微生物等)に関する事項
(4)医薬品GMPに関する事項
(5)関係行政機関及び諸団体との連絡並びに意見具申
広報委員会
●委員長:太宰俊造・(株)ツムラ

(1)協会誌『日漢協ニューズレター』、『日漢協ガイド』『日漢協ガイド(英語版)』の編集、発行に関する事項
(2)「市民公開漢方セミナー」開催等による漢方の啓発・普及に関する事項
(3)マスコミヘの報道、取材対応等に関する事項
(4)ホームページの更新・維持に関する事項
生薬委員会
●委員長:浅間宏志・(株)ウチダ和漢薬

■栽培部会
■品質部会
■流通部会
■ワシントン条約関係部会

(1)栽培(国内外)に関する事項
(2)生薬の品質に関する事項(FHHも含む)
(3)生薬の量的確保並びに流通に関する事項
(4)食薬区分に関する事項
(5)絶滅の危機に瀕した動植物の保護(ワシントン条約)に関する事項
(6)関係行政機関及び諸団体との連絡並びに意見具申
国際委員会
●委員長:木下 行・本草製薬(株)

(1)漢方・生薬製剤原料及び製品の需給確保のための国際交流に関する事項
(2)輸入医薬品の品質確保に関する事項
(3)漢方・生薬製剤及び伝統薬の普及、発展のための技術、学術等の国際交流に関する事項
(4)ODA及び関係行政機関、WHO等国際機関、諸団体との連絡並びに意見具申
企画委員会
●委員長:松本良三・小太郎漢方製薬(株)

(1)行政及び学術講演会等の実施に関する事項
(2)下記資料の収集、編集及び発行に関する事項
 1.漢方・生薬製剤のデータベースの作成
 2.生薬生産流通等統計資料の作成
(3)漢方・生薬製剤情報の収集及び伝達に関する事項
薬制委員会
●委員長:巽 義男・カネボウ薬品(株)

(1)規制緩和推進計画に関する事項
(2)薬事制度に関する事項
(3)漢方・生薬製剤の薬事法関連法規及び関係通知の調査研究
(4)関係行政機関及び諸団体との連絡並びに意見具申
再評価委員会
●委員長:上之園秀基・(株)ツムラ

(1)再評価臨床試験全般に関する事項
(2)再評価に関する関係行政機関及び諸団体との連絡並びに調整に関する事項
(3)再評価臨床試験分担金に係わる事項
医療用製剤流通適正化委員会
●委員長:杉浦計三・カネボウ薬品(株)

(1)プロモーションコードの周知徹底に関する事項
(2)行政、公取協の動向に伴う医療用製剤の対応に関する事項
(3)医療用製剤「症例報告」「委託研究」のあり方の研究に関する事項
(4)プロモーション用印刷物等ガイドラインの策定に関する事項
(5)流通に関する行政及び関係諸団体との連絡に関する事項
(6)公正競争規約及び適正販売に関する事項
医療用製剤委員会
●委員長:丸木希望・(株)ツムラ

■保険薬価研究部会
■有用性研究部会

(1)医療用漢方製剤の承認許可、品質確保、薬価基準等に関する事項
(2)医療保険制度に関する情報収集と、その対応
(3)医療用医薬品の適正使用の推進に関する事項
(4)漢方の有用性評価研究に関する事項
(5)関係行政機関及び諸団体との連絡並びに意見具申
一般用製剤委員会
●委員長:大窪敏樹・カネボウ薬品(株)

■処方部会
■くすり相談部会

(1)一般用漢方・生薬製剤の承認、許可等に関する事項
(2)一般用漢方処方の見直しに関する事項
(3)一般用漢方・生薬製剤の品質、有効性及び安全性に関する事項
(4)一般用漢方・生薬製剤の普及、発展に関する事項
(5)関係行政機関及び諸団体との連絡並びに意見具申
(6)消費者相談、PL法対策に関する事項
医療用製剤教育研修委員会
●委員長:辻本眞治・(株)ツムラ

(1)医薬情報担当者(MR)の教育研修に関する事項
(2)漢方医学の研修に関する事項
(3)関係行政機関及び諸団体との連絡に関する事項
安全性委員会
●委員長:篠原 宣・(株)ツムラ

(1)安全性情報の収集・検討・提供に関する事項
(2)漢方・生薬製剤の「使用上の注意」改訂に関する事項
(3)漢方・生薬製剤の適正使用と製造販売後安全管理の推進に関する事項
(4)安全管理業務の推進に関する事項
(5)関係行政機関及び諸団体との連絡並びに意見具申
プロモーションコード審査会
●代表委員:杉浦計三・カネボウ薬品(株)

■製品情報概要実務部会

(1)プロモーションコードに抵触する事項の審査に関する事項
(2)製品情報概要の審査に関する事項