日漢協の刊行物 >> 日漢協ガイド >> JKMA GUIDE 2009

JKMA GUIDE 2009

2009年11月制作  ※「JKMA GUIDE」の内容の一部は、「日漢協について」でも紹介しています。

会長挨拶

日本漢方生薬製剤協会
日本漢方生薬製剤協会(日漢協)は、平成19年(2007)5月に策定した「中長期事業計画」で、会員会社の事業分野が漢方製剤のみならず生薬製剤や生薬、 あるいはそれらのエキスなど多岐に渡っている状況から、全ての会員会社に共通する原料生薬に関する課題、 すなわち、「原料生薬の品質確保と安定確保の推進」を第一優先に取組んでおります。

同時に、会員会社がそれぞれの事業分野での活動をこれまで以上に積極的に推進するために、日漢協の新しい組織について議論を重ねて参りました。 その結果、日漢協の基本活動を推進する「業態別会議」を、また各業態に共通する課題に対応する「機能別委員会」を設置しました。

業態別会議は、医療用漢方製剤・生薬・一般用漢方製剤・生薬製剤・原薬エキスの5つの会議、機能別委員会は、総務・広報・国際・薬制・技術・安全性の 6つの委員会で構成されております。

平成21年度における業態別各会議の重点課題は次の通りであります。

○医療用漢方製剤会議:「薬価制度改革に関する対応と流通の適正化推進」
○生薬会議:「原料生薬の安全性に対する継続的な取組みと安定確保のための諸外国の規制等への的確な対応」
○一般用漢方製剤会議:「新一般用漢方210処方に関する的確な薬事対応と一般用漢方製剤 の適正使用の推進」
○生薬製剤会議:「新たな生薬製剤の承認取得に向けた開発企画書の作成とエビデンス データの収集」
○原薬エキス会議:「局方製剤総則改正と公定書収載原薬エキスの品質の見直しに関する取組み」

日漢協は5つの会議体を中心とした組織で活発な活動を展開し、国民の医療に貢献して参ります。