制作物のご紹介 >> ニューズレター >> 日漢協 ニューズレター 57号

日漢協 ニューズレター 57号

(第19巻 第3号)2003年1月

会員会社のページ


明治製菓株式会社
東京都中央区京橋2-4-16

当社は、これまで一般用医薬品と健康食品は別々の組織で扱ってまいりましたが、平成13年1月より、これらの組織を統合し、併せて食料機能素材を扱う研究所を含め、食料、薬品に続いて、3番目のカンパニーとして「ヘルスケアカンパニー」を発足させました。
今後の高齢化、セルフメディケーションの高まりに対応して、生活者が自分の健康の維持増進を図る上でのお手伝いをするため発足しました。
このカンパニーで扱う主要商品としては、一般用医薬品では「イソジンうがい薬」の他、人蔘配合のドリンク剤「活蔘28」等、健康食品ではスポーツフードの「ザバス」、サプリメントの「ローラ」や特定保健用食品の「メイオリゴ」等があります。
当社は、医食同源を以前から標榜してまいりましたが、ヘルスケアカンパニーでのさまざまな事業を通じて、さらに、この理念を深化させようと考えています。

メルスモン製薬株式会社
東京都豊島区池袋2-39-1 堀越ビル   代表取締役 山口由紀子

弊社は組織療法研究所が、組織療法の化学性、有用性を追試、研究していくなかで、ヒト胎盤製剤(医療用医薬品メルスモン)の製造と胎盤医療の普及に努めるために昭和31年(1956年)に改組、設立されました。
同45年(1970年)からは、生薬製剤(一般用医薬品タイツコウ軟膏)の製造も行っております。タイツコウ軟膏は、和剤局方の中で薬効評価が最大級のランクにある処方の一つである神仙太乙膏を、現代に蘇らせたものです。
以後、GMP適応工場の新設、品目追加等を行っています。
また、有効性、安全性が高く、品質が保障された後発医薬品の普及に努めるために、医薬品販売事業も展開しております。
弊社は今後とも、胎盤医療、漢方外用剤の研究と普及に努め、安全で友好な医薬品を余に送り出すことに全力を傾けてまいります。

山印醸造株式会社
東京都板橋区成増1-30-13   代表取締役 柳沢英治

昭和30年(1955年)長野県経済農業組合連合会より、農産加工部門を敬称し、同連合会専務理事・中垣貞男が初代社長として就任、創立した。
昭和53年、社長が日本にんじん販売農業共同組合連合会、会長兼務、当社工場が薬用人参の産地などのため、昭和53年、厚生省より医薬品の製造承認を申請し、認可を受ける。
取扱商品は長野県で栽培される生薬、人参、当帰、芍薬などを中心とした生薬のエキス、エキス粉末、粉末などのバルク医薬品。
また、健康食品としてオタネニンジン製品の販売。
当社では、豊かな経験と最先端の技術を生かした育種、栽培に始まり、最新鋭機による抽出、製品化にいたるまで、高度な技術と徹底した品質管理のもとで、文字通り「栽培から製品」までの一貫した生産によって、皆様の健康に役立つ製品作りに努めております。