制作物のご紹介 >> ニューズレター >> 日漢協 ニューズレター 57号

日漢協 ニューズレター 57号

(第19巻 第3号)2003年1月

編集部便り


地下鉄を乗り継いで大江戸線の汐留に行った。昔なら不便な立地だが(?)、東京の地下鉄は便利になったと関心した。当日、あいにく携帯電話を自宅に置き忘れて出かけたが、これが失敗の元。その日にカギって連絡事項が沢山あり、公衆電話を利用するはめになったが、少ない電話を探すのに苦労した。便利な世の中になった反面、一寸した不注意のため、不便を感じた一日だった。
(太田胃散・高田健男)

新年明けましておめでとうございます。 昨年は日韓共催のサッカー「FIFAワールドカップ」が開催され、日本・韓国ともに非常に盛り上がった年でした。今年はどんな年になるであろうか。いや、どんな年にしようか。どんな年にしたいのか。とにかく、新たな気持ちで出発したいと考えます。 いざ、出陣
(カネボウ薬品 高橋伸)

風邪をひいて寝ていたせいでもあったが、正月はテレビ放送50年の特別番組で過去のNHK大河ドラマ3本に見入ってしまった。同じ武将でも視点によってかなり違って描かれていたが、信長、秀吉、家康の生き様と民衆の平和について考えさせられた。イラクと北朝鮮問題は新年があけた日本の政治・経済・延いてはわれわれの生活に大きな影響を与えかねない問題なので憂慮している
(救心製薬 水谷睦)

新年明けましておめでとうございます。 毎年、恒例の伊勢神宮へ、業界のますますの発展をお願いしてまいりました。大神木に囲まれた賛同にて、清々しい神々の息吹を肌で感じ、自然の恩恵と漢方の偉大さに改めて感謝を神前に申し上げました。今後とも皆様のご指導よろしくお願いいたします。
(ツムラ 松下清孝)

NHK大河ドラマ。今年は武蔵というので久々に一年を通して見てみようかと思っている。しかし、劇画で武蔵がはやっているからと、大河にもってくるNHKも変わったものだ。史実は二の次、エンターテイメント重視の路線、今年もといったところだろうか。吉川英治の原作というよりも劇画「バガボンド」が原作といったほうがふさわしい内容になりそうな気配。個人的には萬屋錦ノ介の武蔵が好きだが、さて今度の武蔵はいかに、、、
(養命酒 五十嵐一石)

暖房をこの冬は11月から入れてしまった。年をとった証拠である。しかし、まだ夜明け前から目が覚めてしまうほどには至っていない。週末に、一度目が覚めてももう一度寝ること、これは至福の極みである。こたつでみかんを食べながら、テレビを見てうたた寝をする。気持ちの良いことばかり考えていることは現実からの逃避???
(ツムラ 太宰俊造)