制作物のご紹介 >> ニューズレター >> 日漢協 ニューズレター 63号

日漢協 ニューズレター 63号

(第21巻 第3号)2005年1月

編集部便り


今年も残すところあと僅か…。振り返ってみると、自分とは直接関係なかったにせよ、喜怒哀楽色々とあった1年だった。まずオリンピックの金メダルラッシュ、台風・地震による各地での被害、ヨン様フィーバー…。来年は景気回復、あらゆる意味での安全平和である1年であってほしい。
(太田胃散 佐藤 桂一)

2004年も残すところ1ケ月となりました。2004年のうれしいニュースといえば、アテネ五輪での日本人の活躍やイチローの米大リーグ・シーズン最多安打記録の塗り替えなどがあり、悲しいニュースといえば、新潟県中越地震やイラク情勢などがありました。また、話題という点でいえば、ヨン様ブームや楽天イーグルスなど、例年以上の大きなニュースがあったことを思い出します。私事で申しますと、激動の1年となりました。特に2004年前半は、健康を害することが多く、後半は仕事に追われる毎日となりました。2005年は、健やかで充実した生活が送れるようにしたいものです。
(カネボウ薬品 高橋 伸)

昨年は天災の多い年であった。私も出張で広島に新幹線で向かう途中、台風23号の影響で足止めされ、広島駅到着まで約17時間かかり日付も変わってしまった。翌日、新幹線の車窓から見た風景は、川が氾濫し水浸しとなった田畑が延々と広がり、自然の驚異を目の辺りにした。地震被害で避難生活を強いられている方々へもお見舞いを申し上げます。
(救心製薬 水谷 睦)

中国旅行に行き、あのSARSで有名になった広州でマッサージを経験した。7階建てのビル全部が中医学治療院で1階アロマセラピー、2階薬湯、…6階全身推掌(マッサージ)ということで、ベッドが4つ並んでいる部屋に案内された。それから1時間、うつ伏せになったベッドの上で苦痛に耐えることになった。私は肩など凝ったことのない体なので、次の日に筋肉痛が出ただけで何の効能もなかったが、良い経験になった。
(ツムラ 前村 俊一)

勤務先がある渋谷にも「分煙ルール」ができてから一年半が経過した。歩きタバコをする人がだいぶ少なくなってきた。そんな中、先日、堂々と歩きタバコをする外国人の姿を目にした。「日本は歩きタバコが自由な国」という知識をもって来たのだろうか、彼らもやがて日本が変わってしまったことに気付く時が来るに違いない。
(養命酒 斎藤 繁朗)

あっという間の一年であった。闇雲に仕事をして来た感じであるが、その作業は的を射たものであったのだろうか?一抹の不安がよぎる。世間が当協会に求めているものは何なのか?期待しているものは何なのか?それらに我々の作業は合致しているか?自分達の独り善がりでの活動に陥っていないか?静かに反省してみたい。
(ツムラ 太宰 俊造)