制作物のご紹介 >> ニューズレター >> 日漢協 ニューズレター 72号

日漢協 ニューズレター 72号

(第24巻 第3号)2008年1月

会員会社のページ


武田薬品工業株式会社
大阪市中央区道修町4-1-1  代表取締役社長 長谷川 閑史

(天明元年)、1781年初代近江屋長兵衛が大阪・道修町で和漢薬の商売を始めたのが、現在の武田薬品工業株式会社の始まりです。
当社は、研究開発型の日本発の世界的製薬企業として、経営哲学であるタケダイズム(誠実=公正・正直・不屈)を事業運営の根幹に据え、「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」という経営理念のもとに、事業活動を行っています。
当社では、一般用医薬品(OTC薬)事業を、医薬事業の一翼を担う事業として、将来のセルフメディケーション時代を見据えた重要なカテゴリーであると考えています。そして、医療用医薬品で培った高度な技術やノウハウを一般用医薬品の開発に生かすことにより、生活者のニーズにマッチした商品やサービスを提供することに注力しています。
健康へのニーズが高まるなかで、タケダはすこやかな毎日の暮らしを願う生活者の良きパートナーでありたいと考えて、日々の事業活動を推進しています。

本草製薬株式会社
愛知県名古屋市天白区古川町125番地  代表取締役社長 半田 久夫

弊社の前身であります旧本草製薬株式会社では、多くの皆様に大変なご迷惑とご心配をおかけいたしました。
弊社は平成19年6月に旧本草製薬の製薬事業を継承することにより新たに出発をし、日本漢方生薬製剤協会に再度加入させていただきました。
弊社では、現在40品目の医療用漢方製剤、一般用漢方製剤および生薬製剤の製造・販売を行っており、製品は徹底した製造管理と品質管理で安全で確かな医薬品の提供に努めています。
社員一同一丸となってより良い医薬品を医療業界に供給し続ける所存でございますので、日本漢方生薬製剤協会会員の皆様方には、今後とも、倍旧のご指導とご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。