制作物のご紹介 >> ニューズレター >> 日漢協 ニューズレター 72号

日漢協 ニューズレター 72号

(第24巻 第3号)2008年1月

トピックス/中国衛生部王副部長および中国医薬保健品進出口商会周会長訪日


平成19年12月11日、ホテルニューオータニ「TAIKAN EN」で日本製薬工業協会(製薬協)と日漢協合同の中国衛生部王副部長一行の歓迎レセプションが開催され、風間会長および内田副会長が出席した。

製薬協青木会長、王副部長の挨拶に続いて日漢協風間会長から挨拶と乾杯の発声がなされ、終始和やかな雰囲気の下で意見の交換がなされた。王副部長は挨拶の中で、現在の職について海外に出向くのは今回が初めて。このことは中国が医薬品開発に関して如何に日本を重要視しているかを示している。更に、中国共産党と中国政府は伝統的な中医薬の発展を重視しており、科学技術部、衛生部、中医薬管理局などが今後の中医薬発展と西洋医学の相互発展のための要綱を作成、中医薬の国際協力を推進しようと考えている。また現在、医薬品登録システムを策定しており、こうした基準作りは中医薬の発展に大きな意味があると語り。そして最後に、長い歴史に培われた伝統医学である中医学の発展に力を貸してほしいと締めくくった。

11月13日には中国医薬保健品進出口商会周会長一行が日漢協を訪れ、内田副会長および関係委員長と今後の両協会の係わり方が話し合われた。周会長からは商会の役割、中国における中医薬の発展、中国製品の品質などについての紹介がなされた。更に両協会の今後の交流について、両協会間の情報交換(マーケットと法律)を頻繁に行うことが重要であり、また両協会間の相互訪問を頻繁に行うことも重要であると提案がなされた。日漢協は今後検討するとした。なお、会談終了後、風間会長の招待による歓迎レセプションが行われ、内田副会長も出席した。 平成19年12月11日、ホテルニューオータニ「TAIKAN EN」で日本製薬工業協会(製薬協)と日漢協合同の中国衛生部王副部長一行の歓迎レセプションが開催され、風間会長および内田副会長が出席した。

トピックス/医療用漢方製剤・生薬プロモーションコード等改正


医療用製剤流通適正化委員会では、医療用漢方生薬製剤プロモーションコードおよび医療用漢方生薬製剤製品情報概要・専門誌(紙)広告作成上の留意点の改定を行った。
今回は@医療用漢方製剤・生薬プロモーションコードと名称を変更AIFPMA(国際製薬団体連合会)医薬品マーケティングコードの改定に伴う整合性B「医療用漢方生薬製剤製品情報概要・専門誌(紙)広告作成上の留意点」の基準を追加、を中心にコードの解説、用語解説の項を改定した。
今回の改定に関する冊子については、平成20年3月中に作成、発刊の予定。

トピックス/ホームページ リニューアル


広報委員会では、広く一般の方々に公開しております「日漢協ホームページ」のデザイン等を一新し、平成19年10月1日にリニューアルしました。