制作物のご紹介 >> ニューズレター >> 日漢協 ニューズレター 79号

日漢協 ニューズレター 79号

(第27巻 第1号)2010年5月

新会員会社の紹介


長野県生薬株式会社
長野県長野市篠ノ井御幣川879−2  代表取締役社長 伴野禮司

弊社は、昭和25年長野県が戦後の失業対策事業の一環として、県内の豊富に自生している薬草に着目し、長野県が買付金を出資、その受入れ会社として半官、半民の特殊な形式で設立されました。
その後、公の機関を離れ民間出資の株式会社として開業しましたが、種々の理由から昭和39年に組合を作り長野県薬草生産振興組合と名称し、現在受け継がれています。
この事業は長野県生薬(株)と共に農家の高齢化などを背景に遊休農地での漢方薬の原料となる薬草の大規模の栽培に取組んでおります。
弊社の主たる事業は、国内産生薬原料の買付け、中国を主体としてベトナム、インド等海外から輸入をし、粉末製造、バルク製造、刻み加工等を行い、製薬、医薬品、食品メーカーに販売しております原料卸業でございます。
本社(長野市内)の他に倉庫を四か所所有、敷地面積は延べ6,600u、約250トンの原料を取りそろえております。60余年の経験を元に高品質の生薬原料を供給させていただき、業界の皆さまに信頼される企業を目指しております。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。