制作物のご紹介 >> ニューズレター >> 日漢協 ニューズレター 94号

日漢協 ニューズレター 94号

(第32巻 第1号)2015年5月

新任委員長ご挨拶


医療用漢方製剤委員長 長谷川 久
このたび、菅原前委員長の後を受け医療用漢方製剤委員長を拝命いたしました長谷川久でございます。医療用漢方製剤委員会は、流通適正化に関する事項、教育研修に関する事項、有用性に関する事項を担っており、各部会長と協力し、医療用漢方製剤の持続的発展に取り組んでまいります。また、保険薬価協議会とも連携し、保険薬価制度に関する事項についても引き続き協働してまいります。今後とも、格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

保険薬価協議会委員長 丸木 希望
昨年度新たに設置されました保険薬価協議会の委員長を、前任の菅原委員長の後を受け、4月1日より拝命いたしました丸木希望です。保険薬価協議会は、行政や日薬連薬価研を始めとする関係諸団体と連携し、医療保険制度、薬価基準制度に関する調査研究、提言、情報収集等を担う専門委員会です。薬価基準収載品目に関係する、医療用漢方製剤会議・医療用漢方製剤委員会および生薬会議・生薬委員会とは、密接な連携をとり活動する所存でございますので、どうぞ宜しくお願いします。

総務委員長 菅沢 邦彦
この度、総務委員長を拝命致しました菅沢邦彦と申します。
これまで、日漢協の活動としては、医療用漢方製剤委員会や広報委員会の委員として活動すると共に「日漢協30年史WG」、「式典WG」等に携わってまいりました。
総務委員会は幅広い業務運営を所管しておりますが、各委員会と連携を図りながら、日漢協の活動が円滑に行われるよう精一杯務めさせて頂きますので、なにとぞご指導とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

技術委員長 遠藤 雄一
今年度より技術委員長を拝命致しました遠藤雄一でございます。私は、平成17年4月より8年間、技術委員会不純物試験法部会におきまして、汚染不純物に関わる活動をして参りました。PIC/S加盟やISO/TC249等々グローバル化している環境の中、これまで築かれた技術委員会の実績を背景に、広範な品質確保と国際調和に精一杯取り組んで参る所存でございます。不慣れな点が多々ございますが、皆様と一緒に取り組んで参りますので、ご協力とご鞭撻を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

広報委員長 鈴木 登
この度、中島委員長の後任として広報委員長の大任を仰せつかりました鈴木登でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
当委員会の活動内容とともに、抱えている課題や寄せられている期待等について、前任者からの引継ぎ時に改めて認識し、その責任の重さを実感した次第です。
今後、協会の内外に対して誠意ある情報発信に努めることはもとより、検討すべき課題に真摯に取り組み、協会発展のために精一杯務めさせていただく所存でおります。
皆様方のご指導・ご協力をお願い申し上げます。