制作物のご紹介 >> ニューズレター >> 日漢協 ニューズレター 101号

日漢協 ニューズレター 101号

(第34巻 第2号)2017年10月

新会員会社の紹介


日東薬品工業株式会社
当社は1947年の創立当時から乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌など有用微生物の研究と製品化に取組んでおり、新規株の発見や培養技術の向上に取組むだけでなく、その有用性や菌代謝物についても、様々な大学と共同研究を積極的に行っています。積み重ねられた当社の「菌」の歴史は現在400株以上におよぶ菌株ライブラリーとなり、様々な用途へ活用されています。また、当社はエビデンスファーストな製品開発に注カし、販売は強力な販路を持つ大手製薬会社にライセンスするという「開発提案型」のビジネスモデルを構築し、医療用医薬品をはじめ、一般用医薬品では独自の技術を活かした整腸薬や、薬用人参などを配合した栄養剤など、多くの医薬品を生みだしてきました。さらに2015年には食品分野にも進出し、菓子大手企業と共同開発、菌末の原料供給という形でコラボレーションした製品が大ヒットしました。この商品をきっかけに食品向け乳酸菌末原料のサプライヤーとしても確固たる地位を築くこととなりました。今後は「世界最高のバイオテク企業」としてグローバルな成長を実現していくため、腸内菌叢をターゲットとしたバイオ事業を新たな成長に向けた経営戦略として推進していきます。