制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 「冷え症は治らない」とあきらめていませんか?

「冷え症は治らない」とあきらめていませんか?

冷えは万病の元!


女性の二人に一人が冷え症
同じ気温の部屋にいても、人によって寒さの感じ方は違います。極端に寒がりで、手足、腰などがすぐ冷えてしまいとても苦痛である、一度冷えると体温が戻るのに時間がかかる、というような人は、冷え症と言えます。
冷えは、血圧のように数字で表せるものと違って、自覚的な症状なので、客観的な診断が難しい症状です。寒いな、つらいな、と思いながらも、自分が冷え症状だと自覚していない人もいます。北里研究所の調査では、女性の50%強が冷えを自覚していました。本人が自覚していない冷えの症状を加えると、その数はもっと大きくなると予測されます。一方、男性で冷えを自覚している人は10%強で、冷え症が圧倒的に女性に多い疾患であることがわかります。

表1は、冷え症の人によく見られる症状です。
冷えで悪化する病気
冷えはただ辛いだけでなく、他の疾患の病態を悪化させるという危険もあります。
たとえば関節リウマチは、冷えることで痛みが増強しますし、気管支喘息やアレルギー性鼻炎なども冷えで症状が悪化します(表2)。

また、貧血、心臓疾患、甲状線機能障害、自己免疫性疾患が原因で冷えが現れていることもあるので、「たかが冷え」と片づけるわけにはいきません。
冷えに伴う症状
こういった疾患がなくても、冷えると腰痛・腹痛・月経痛・頭痛といった痛み、下痢・便秘などの消化機能の異常、疲労感・脱力感などの全身状態、不安感や抑うつなどの精神状態、果てはのぼせ・ほてりといった、冷えとは対極にあるような幅広い症状が現れやすくなります。

年代別に女性によくみられる症状を見ても、冷えのある人では、ない人に比べて症状が強く出る傾向があります(表3)。

冷えは体のバランスを崩す
わたしたちの体は、内分泌(ホルモン)、神経、免疫機能の相互作用で健康な生命活動を維持しています。体温調節は、そのすべてに関連しています。冷えという体温調節の異常があると、それは内分泌−神経−免疫のバランスに大きく影響し、健康維持が難しくなってきます(図1)。

このように、冷え症はまさに「万病の元」なのです。