制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 加齢はこわくない -すてきに歳を重ねるために-

加齢はこわくない -すてきに歳を重ねるために-

加齢のサイクル‐老後はいつから始まるの?


古典にみるライフサイクルとホルモンの変化
古代中国では男女の一生の変化を数年周期で考えていました。男性は8年周期、女性は7年周期というライフサイクルがあるというものです(表1、2)。

男性は、8歳で腎気(生体のエネルギー)が充実し、16歳で生殖能力をもち、24歳で身体が充実し、32歳ごろに最も盛んな頃を迎え、40歳になると下り坂になって、48歳から56歳ごろに生殖能力、腎気の衰えが著しくなる。一方、女性は7歳で腎気が充実し始め、14歳ごろに生理が始まって妊娠可能になり、21歳で身体が充実してきて、28歳で最も盛んな時期を迎え、35歳頃からだんだん下り坂になって49歳で閉経を迎える。という考え方です。これは、1800年程前の中国の医学書、黄帝内径(こうていだいけい)にある記述です。

これを現代社会に置き換えてみたらどうでしょう。少し成熟は早まってはいますが、ホルモン分泌の変化を背景としたライフサイクルを良く現している考え方と言えます(図1)。

長くなった「老後」の時間
こうしてみると、数千年の昔も現代も、成長期から老年期に入るまでのサイクルはそれほど変っていないようです。しかし、ひとつだけ大きく違う点があります。それは老年期に入ってからの人生の長さです。表1,2では男性64歳、女性49歳以降の記述がありません。昔は老年期を迎えることが、そのまま人生の終わりでもあったのです。ところが今は、女性の平均寿命は86歳、男性79歳という時代となり、体力・気力が衰え始めてからの人生が数十年も続くのです。

最近では、女性の更年期ばかりでなく、男性の更年期までもがテレビなどでもしばしば取り上げられ、その克服法が検討されています。これも、更年期以後の長い人生を送るようになった現代人が、その時間を快適に過ごそうとしていることの現れとも言えます。
加齢の速度を遅らせる?
ここまで「老年期」が長くなると、人によって歳の取り方に差がでてきます。昔のように、更年期以降にあっという間に老け込んでしまう人がいる反面、いつまでも腎気に満ちて、元気で活躍を続けられる人がいたりと、個人差が大きくなってきているのが現代の「老年期」と言えます。

この個人差がある歳の取り方に対し、生まれてからの年齢、つまり「暦年齢」とは関係なく、その時の状態で評価する「生物学的年齢」という考え方があります。暦年齢がどんなに歳をとっていても、身体の機能が若々しければ生物学的年齢が若いということになります。歳は誰もがとるものですが、この生物学的年齢は、毎日の生活のちょっとした配慮で加齢の速度を遅らせることができるのです。