制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 加齢はこわくない -すてきに歳を重ねるために-

加齢はこわくない -すてきに歳を重ねるために-

養生と漢方で健やかな加齢を


このように、漢方は加齢に伴ういろいろな症状の緩和に効果が期待されます。しかし、漢方薬だけに頼っているのでは加齢による変化の減速はうまくできません。大切なのは正しい日常生活、つまり「養生」です。

漢方薬は副作用が比較的少ない、食べ物に近い自然の物質で構成されていますので、漢方薬の効果を相殺しないためにも食事に配慮することがまず大切です。あまり加工されていない、自然に近いものをバランス良く食べるよう心がけましょう。

また適度な運動や、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かる入浴の習慣なども、代謝や血液の循環を良くしたり、身体や血管のしなやかさを保つなどに役立ちます。

こうした養生を土台としてそこに適切な漢方薬を使えば、漢方薬の本当の効果が発揮されるのです。

養生と上手な漢方薬の使い方で、いきいきと加齢変化を乗り越えていきましょう。