制作物のご紹介 >> 小冊子 >> ストレスと漢方 ―ストレスと上手に付き合うために―

ストレスと漢方 ―ストレスと上手に付き合うために―

ストレスを知ろう


ストレスってどんなもの?
私たちは「ストレス」という言葉を良く使いますが、ストレスとはい ったいどのようなものなのでしょうか。手にゴムボールを持っている状態を 思い浮かべてください。握るとゴムボールはへこみます。このように、 外部からの刺激「ストレッサー」を受けることによって、生体に生じた 歪みが「ストレス」なのです。最近は、刺激と歪みを含めてストレスと呼んでいます。
ストレスはどこにでもある
私たちが生活する環境には、さまざまなストレスが存在しています。 病気や怪我、睡眠不足、不規則な生活など身体的なものから、家庭や職 場の対人関係のような精神的なもの、広い意味では、空腹や飢餓、過労や 睡眠不足、寒さや暑さ、気圧の変化、振動や騒音、有害な化学物質や大気 汚染などもすべてストレス刺激なのです。このように、私たちは常にスト レスとは切っても切れない生活を送っているということになるのです。
良いストレス、悪いストレス
ストレスと言うと悪者扱いされてしまいがちですが、必ずしも悪いも のばかりとはかぎりません。ある程度のストレスがあったほうが緊張感 が保たれて仕事や勉強の能率が上がりますし、やり遂げたあとの爽快感 や達成感を十分に感じることができます。たとえば、競技に臨むオリン ピック選手には少なからずストレスがかかりますが、そのストレスがあ るからこそミスをしないように緊張感をもって精一杯のプレーをしよう とします。結果はどうであれ、プレーを終えたあとのすがすがしさは、 ストレスがあったからこそ得られるものと言えるでしょう。