制作物のご紹介 >> 小冊子 >> ストレスと漢方 ―ストレスと上手に付き合うために―

ストレスと漢方 ―ストレスと上手に付き合うために―

健康は自分で守ろう


〜養生のすすめ〜
「イライラして眠れない」「風邪をひきやすくなった」などの体調の変化に気づいていても、これくらいは なんでもないと無視し続けていないでしょうか。精神的に強そうに見える人が意外ともろいのは、自分 のストレスを素直に認めようとしないために、極限状態まで頑張ってしまうからです。

ストレスのレベルを把握していれば、身体からの危険信号を見落としにくくなります。自分の生活をもう 一度見つめ直すという意味では、まず自分のストレスを認めることが、ストレスを病気にしない第一歩です。

そして自分の健康維持に積極的に取り組むことも大切。食事や休養、生活リズム、運動など生活習慣 全般について、受身ではなく自ら考え、努力することが必要でしょう。これこそ古くから漢方で言われて きた「養生」なのです。