制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 胃腸と漢方 ―健康な心と身体は元気な胃腸から―

胃腸と漢方 ―健康な心と身体は元気な胃腸から―

漢方を知りましょう


西洋医学との違い
西洋医学と漢方では、病気や病人のとらえかたが大きく異なります。西洋医学では、人体をさまざまな臓器や器官の集 合体としてとらえ、「いずれかの部分に異常が起こると病気が発生する」と考えています。検査で臓器別に異常を探していき、 明らかに異常が認められる部分だけを対象に治療を行うので、より確実に病気を治せる強みがあります。しかし病気の部位 に着目するあまり、からだ全体には目を向けようとしない傾向があります。

一方、漢方では、人間を臓器別に細分化しようとせず、「一人の人間」としてとらえます。身体の中ではさまざまな臓器と器官 が関連しあって全体の調和を保っており、バランスが崩れたときに病気が生じると位置づけているのです。そのため、異常 のある部分だけにターゲットをしぼって治療するのではなく、身体全体のバランスを整えることで各々の症状も改善させてい きます。