制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 胃腸と漢方 ―健康な心と身体は元気な胃腸から―

胃腸と漢方 ―健康な心と身体は元気な胃腸から―

漢方と西洋医学、それぞれの特徴を生かして

漢方も西洋医学同様、「万能」ではありません。漢方と西洋 医学のそれぞれの利点を生かして、適材適所で利用して いくと、治療の幅を広げていくことができます。
漢方治療が向いている病気、向かない病気
西洋医学は「悪い部分を取る」、あるいは「やっつける」という治療を得 意としています。

例えば初期のガンなどは、比較的安全に切除手術が行えるので、高い 確率で治すことが期待できます。また肺炎などの感染症のように治療の 緊急性が高く、効果が確実な薬剤がある場合も、西洋医学的な治療を優 先したほうがよいでしょう。

その半面、西洋医学は「何となく体がだるい」とか「疲れが取れない」「風 邪をひきやすい」など、自覚症状はあるけれども検査では明らかな異常 が見つからないようなものの治療は苦手です。

漢方の場合は心身のアンバランスを整えることを治療の目標としてい ることから、こうしたはっきり病名がつけられないような症状を訴える 人や西洋医学的な治療法がない場合でも治療の対象となります。ストレ スなど精神的要因の影響が大きい症状にも適しているといえるでしょう。

また、漢方薬の処方は基本的に副作用が少ないために、虚弱体質の人 や高齢者にも安心して飲んでもらうことができ、長期間の服用も可能です。

併用するケースも
病気や症状、患者の状態などによって、漢方が向いている場合と西洋 医学を優先したほうがいい場合があります。しかし必ずどちらかに分か れるわけではなく、手術後の体力の回復のために漢方を用いるなど、両 者を併用するケースも増えています。