制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 胃腸と漢方 ―健康な心と身体は元気な胃腸から―

胃腸と漢方 ―健康な心と身体は元気な胃腸から―

気・血・水は身体の重要な指標


胃腸以外にも起こる、こんな症状
気・血・水のバランスが崩れると、胃腸は正常に機能しなくなります。気・血・水のどこに、どのような障害が 生じているかによって、胃腸以外にも次のような症状が現れます。
「気」の異常で起こる症状
■ 気虚

「気」には生まれつき持っている「先天の気」と、生まれて以降に食べものなどから得られる「後天の気」があり ます。「気」は加齢とともに少しずつ減っていきますが、過労や睡眠不足、病気などでも不足することがあります。 気の量が不足し、十分に働かない状態になることを「気虚」と言います。
気虚になるとやる気が起こらなくなり、倦怠感や食欲不振、疲労感、強い眠気を訴えます。免疫力も低下するた めにすぐ風邪をひくなど体調を崩しやすく、一度病気になると長引いてしまいがちです。
■ 気うつ
気の流れが滞った状態を「気うつ」または「気滞」と言います。憂うつ感や不安感、のどが詰まったような感 じは、気うつの典型的な症状と言えるでしょう。なお、気は自律神経をコントロールし、消化・吸収の機能 にもかかわっているため、気うつになると胃腸にもさまざまな不調が現われます。
■ 気逆
「気逆」は、気の分布異常のこと。本来、気は上にいきやすい性質があるため、身体の上部に気が集中する と、のぼせやほてり、頭痛、動悸などの症状が現われます。
「血」の異常で起こる症状
■ 瘀血

血が滞ることにより、全身の血の巡りが悪くなった状態を「瘀血」と言います。瘀血になるとさまざまな症 状が現われます。特に、月経痛、月経血量が多い、月経周期の異常、頭 痛、肩こり、冷え(手足、下半身)など、女性が抱える悩みの多くは、瘀血が関係しています。
■ 血虚
「血虚」とは、瘀血の量が不足した状態、あるいは血液の働きや血液を作る機能が低下した状態を指します。 顔色が悪く、疲れやすくなるほか、月経不順、月経血量が少ない、貧血、皮膚や粘膜の乾燥、冷えなどの症状が見られます。


「水」の異常で起こる症状
■ 水毒

「水毒」は、リンパ液や唾液、汗など血液以外の体液の代謝や排泄のバランスが崩れ、身体の中で過不足や偏在など が起きている状態のことです。とくにむくみは水毒の特徴的なサインで、身体全体あるいは局所の水分が過剰に蓄積され、 水はけが悪くなっていると考えられます。
また、水毒ではむくみのほか、頭痛やめまい、立ちくらみ、胃部の拍水音(チャプチャプ音がする)、神経 痛、関節痛、下痢、尿量の異常(通常よりも多い、あるいは少ない)などの症状を訴える場合もあります。 水毒は季節や天候による影響を強く受けるため、湿気の多い梅雨時や夏に体調を崩す人が増えます。