制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方は女性の健康をたすける

漢方は女性の健康をたすける



女性の身体は月経や妊娠、閉経といった節目を経て、時の流れとともに変化していきます。古代中国では「女性の身体は7年ごとに大きく変化する」と考えられてきました。1800年以上前の中国最古の医学書である『黄帝内経』には、次のような内容の記述があります。
女性は7歳になると乳歯が永久歯へと生え変わって髪が豊かになり、14歳になると生理が始まって妊娠が可能になる。21歳になると身体は十分に成熟し、28歳で最高潮に。しかし35歳になると下り坂に転じ、顔の色つやが悪くなって髪が抜け始め、42歳では白髪が目立ち、子どもを生む力が衰えていく。そして49歳に閉経を迎える―。
現代では栄養状態が改善されて月経の年齢などは早まっているものの、およそ7年周期のライフサイクル自体は大きく変わっていません。ただこうした変化を経験的に悟っていた大昔とは違い、ホルモンに関連して変化が起こることがすでにわかっています。
初潮や閉経の前後はもちろんこと、月経周期の中でもホルモンの分泌状況は大きく変わります。その変化に身体が対応しきれないこともあり、さまざまなトラブルが起きることも少なくありません。たとえば初潮を迎えてしばらくは未熟なので、月経の周期が乱れたり、月経痛に悩まされたりします。成熟しても、生活スタイルやストレスなどで月経周期が安定しないこともありますし、妊娠・出産の際に体調を崩す人もいます。更年期になると閉経に向けて女性ホルモンの分泌量が減少していくため、自律神経が乱れ、のぼせやほてり、イライラ、頭痛などさまざまな症状が現れやすくなります。
こうしたトラブルや不快な症状は西洋(現代)医学的な治療の対象にならない場合が多いのです。しかし、「漢方なら治せる」というものもたくさんあるのです。
「女性だから仕方ない」「年をとれば当たり前のこと」などと、つらい症状を我慢しないことです。漢方を活用しながらケアをしていきましょう。