制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方は女性の健康をたすける

漢方は女性の健康をたすける



〜気・血・水〜
「実証と虚証」に並ぶ漢方の代表的な概念が、「気・血・水」です。
漢方では「気」「血」「水」を「からだを構成する要素」ととらえ、この3つがからだの中に過不足なく存在し、スムーズに巡っていることで、 各臓器や器官は正常に機能することができると考えます。
「気」とは、元気、気力、気合などの気で、目に見えない生命エネルギーを指します。「血」と「水」は、からだを潤し、栄養を与えて支える体液のこと。 赤い色をしたものが「血」であり、血液と同じと考えていいでしょう。無色の体液は「水」で、血液以外の体液はほぼすべて「水」に含まれます。

「気」の異常には、気が不足する「気虚」、気の流れが滞る「気滞(気鬱)」、気が逆流する「気逆」があります。気虚に陥ると、だるい、気力がない、 疲れやすい、声・眼に力がない、風邪をひきやすいなどの症状が現れます。気滞(気鬱)の場合は抑うつやのどのつかえ感、胸の詰まった感じ、 おなかが張るといった状態になります。気逆では、冷えのぼせや発作性の頭痛、動悸のほか、驚きやすいといった症状も見られます。

「血」の異常には、血が不足する「血虚」と、血の循環が滞る「瘀血(おけつ)」があります。血虚になると、顔色が悪い、皮膚の乾燥や荒れ、頭髪が抜けやすい、 眼精疲労、こむら返りなどの症状が現れます。「瘀血」は女性には非常に多いもので、口の乾き、色素沈着、眼の周りのクマ、月経不順、腰痛、不眠、 不安などが主な症状です。

「水」の異常は水の流れが滞る「水滞(水毒)」で、からだの一部もしくは全体がむくむ、尿量が少ない、拍動性の頭痛、頭重感、胃からぽちゃぽちゃ音がする、 気圧や天候に作用されるめまい・耳鳴りなどに悩まされます。


「気・血・水」と漢方処方
からだに不調が生じたときは、気・血・水のどれが過不足の状態にあるのか、あるいはどの流れが滞っているのかを見きわめ、そのバランスを正常な状態に 戻していくことが治療の基本になります。ただし気・血・水は連動しているため、どれかひとつだけの異常ということはほとんどなく、 たいていは他の要素もバランスを崩しているケースが多いのです。

漢方薬は生薬を組み合わせて作られていますから、複数の異常が生じていても、ひとつの処方で対応が可能です。たとえば当帰芍薬散を構成する当帰(とうき)、 川芎(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく)は「血虚」を改善し、茯苓(ぶくりょう)、白朮(びゃくじゅつ)、沢瀉(たくしゃ)は「水毒」を改善します。 桂枝茯苓丸の場合、桃仁(とうにん)、牡丹皮(ぼたんぴ)、芍薬は瘀血を、茯苓は水毒を、そして桂枝(けいし)は気逆を改善してくれるのです。 総合力を持つ漢方だからこそなせる業、と言えるでしょう。


更年期障害と漢方
女性のライフサイクルにおいて、大きな節目のひとつが「更年期」です。閉経前後にあたるこの時期は、ホルモンの分泌量が減少するため、 更年期特有の症状に悩まされる人も少なくありません。その症状は、めまいや動悸、頭痛、頭重感、不安、不眠、イライラ、のぼせ、肩こり、発作性の発汗など、 多岐にわたっています。これらの症状は「不定愁訴(とりとめのない訴え)」といわれ、治療がむずかしいものが多いことから、女性たちを悩ませてきました。 漢方はこうした不定愁訴の治療を得意としています。「更年期だから仕方ない」などとがまんしないで、苦しんでいる人は、ぜひ相談してください。

更年期障害の治療に、非常に多く使われているのは「加味逍遙散」という処方です。これは「気」や「血」の異常に効果があるお薬で、先ほどお話した不定愁訴のほか、 手指や掌の湿疹やしみ、肝斑(顔の左右に対象に現れるしみ)などの皮膚症状がでている場合もこの薬を選択する判断基準になります。

そのほかにも実証でのぼせや便秘がひどい人には桃核承気湯を処方します。中間証でのぼせや肩こり、便秘気味という場合はにょしんさん女神散を、同じ中間証でも 冷えが強くのぼせや便秘も見られる人には桂枝茯苓丸加大黄(けいしぶくりょうがんかだいおう)を選ぶと良いでしょう。

虚証で冷えや肩こり、むくみがある人には当帰芍薬散、むくみよりもおなかの張りが目立つ人には大建中湯(だいけんちゅうとう)を。実証・虚証・中間証に関係なく、 のぼせや手足のほてりが強い場合は三物黄芩湯(さんもつおうごんとう)が適しています。