制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 働く女性のメンタルヘルス

働く女性のメンタルヘルス

「気・血・水」と代表的漢方薬


〜気・血・水とは〜
「実証と虚証」に並ぶ漢方医学の代表的な概念が、「気・血・水」です。漢方医学では「気」「血」「水」を「身体を構成する要素」ととらえ、この3つが身体の中に過不足なく存在し、スムーズに巡っていることで、各臓器や器官は正常に機能することができると考えます。
「気」とは、元気、気力、気合などの気で、目に見えない生命エネルギーを指します。「血」と「水」は、身体を潤し、栄養を与えて支える体液のこと。赤い色をしたものが「血」であり、血液と同じと考えていいでしょう。無色の体液は「水」で、血液以外の体液はほぼすべて「水」に含まれます。
「気」の異常には、気が不足する「気虚(ききょ)」(症状:だるい、気力がない、疲れやすい、声・眼に力がない、風邪をひきやすいなど)、気の流れが滞る「気滞(きたい)(気鬱(きうつ))」(抑うつやのどのつかえ感、胸の詰まった感じ、おなかが張るなど)、気が逆流する「気逆(きぎゃく)」(冷えのぼせや発作性の頭痛、動悸など)があります。
「血」の異常には、血が不足する「血虚(けっきょ)」(症状:顔色が悪い、皮膚の乾燥や荒れ、頭髪が抜けやすい、眼精疲労、こむら返りなど)、血の循環が滞る「瘀血(おけつ)」(症状:口の乾き、色素沈着、眼の周りのクマ、月経不順、腰痛、不眠、不安など)があります。
「水」では水の流れが滞る「水滞(すいたい)(水毒(すいどく))」が起こり、身体の一部もしくは全体がむくむ、尿量が少ない、拍動性の頭痛、頭重感、胃からぽちゃぽちゃ音がする、気圧や天候に作用されるめまい・耳鳴りなどに悩まされます。
〜「気・血・水」と漢方処方〜
身体に不調が生じたときは、気・血・水のどれが過不足の状態にあるのか、あるいはどの流れが滞っているのかを見きわめ、そのバランスを正常な状態に戻していくことが治療の基本になります。ただし、気・血・水は連動しているため、どれかひとつだけの異常ということはほとんどなく、たいていは他の要素もバランスを崩しているケースが少なくありません。
〜婦人科三大処方とは〜
女性特有のトラブルには、数ある漢方処方の中でも「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」の3つがよく使われ、「婦人科三大処方」と呼ばれています。
「桂枝茯苓丸」は、瘀血を治す成分が最も多く含まれるほか、のぼせやむくみにも有効な処方です。
「加味逍遙散」は「気」や「血」の異常に効果がある処方で、イライラやうつ状態、不眠などの精神症状によく使われます。更年期障害の治療にも多く使われており、手指や掌の湿疹やしみ、肝斑(顔の左右に対象に現れるしみ)などの皮膚症状がでている場合も、この薬を選択する判断基準になります。
「当帰芍薬散」は貧血などの血虚(血の不足)の症状や水毒に効果があります。
現在、漢方薬は漢方専門の医師だけでなく、一般診療をしている内科医、婦人科医、産科医等も処方しています。西洋薬と併用されることも多く、その可能性はさらに広がっています。
女性のライフサイクルの中で生じるさまざまなトラブルには、西洋医学では解決できないものが少なくありません。しかし漢方の力を借りれば、その多くを改善することが期待できるのです。あなたも漢方を味方につけてみませんか?
コラム5  ホルモン補充療法と漢方

更年期はホルモンの分泌量が減少するため、めまいや動悸、頭痛、頭重感、不安、不眠、イライラ、のぼせ、肩こり、発作性の発汗などの不快な症状に悩まされる人も少なくありません。更年期を快適に過ごすには、食事や運動、睡眠などの生活習慣を改善することが基本です。それでも症状が改善されない場合は、ホルモン補充療法や漢方などの薬物療法を行うこともあります。ホルモン補充療法は、閉経で減少するホルモンを補う治療ですが、有効性が高い反面、婦人科系のがんになりやすいなどの副作用もあります。その点、漢方薬は副作用が少ないとされ、一剤で多症状に対応できるなどのメリットは大きいものの、ホルモン補充療法と比べると治療の切れ味は落ちます。両方の長所、短所を比較し、医師に十分説明を聞いたうえで選択するようにしてください。