制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 健康を守る 運動・漢方・笑い

健康を守る 運動・漢方・笑い

漢方薬について


〜漢方治療のメリット〜
漢方医学には、西洋医学とは異なる独自の治療方針があります。たとえば西洋医学では病気の原因を検査などで探し出し、その原因を取り除く治療をしていきますが、漢方医学では病気を「バランスの乱れ」と考え、漢方薬でからだ全体のバランスを整える治療を行い、結果的に症状を改善していきます。
漢方医学独自の視点でアプローチをすることで、西洋医学では気づくことができなかった病態に気づき、治療することができるのです。西洋医学、漢方医学、それぞれにいい面がありますから、両者を上手に使い分けるようにすると良いでしょう。お互いの相乗効果も期待できます。
〜漢方薬の選び方・服用の注意〜
漢方医学では、多種類の漢方薬の中からどの薬を選ぶかが最も重要になります。体質や症状に薬が合っていなければ、十分な効果が得られないからです。
薬を選ぶには、漢方医学独自の診断方法で、「証(漢方医学の視点で見た体質)」を見極める必要があります。証は「陰陽(寒がりか、暑がりか)」「虚実(胃腸が虚弱か、丈夫か)」など、複数の見立てを総合して決められます。ただし、一般の医師の場合は、症状で処方を決める場合も少なくありません。
なお、漢方薬は薬局でも市販されていますが、医師の診察を受けて自分に合う薬を処方してもらったほうが安心です。検査を受けることで、がんや結核など重篤な病気の見逃しも防ぐことができます。また、糖尿病や高血圧症、高脂血症などは、漢方薬を飲んでいるときも定期健診が必要。いずれにしろ、自己判断は禁物です。
〜漢方薬に副作用はないの?〜
体に優しいというイメージが強い漢方薬ですが、薬である以上、副作用がでることもあります。比較的多いとされる副作用は、湿疹やじんましんなどの皮膚症状と、胃腸障害です。ごくまれに、むくみや血圧上昇、筋肉の障害、肝機能障害、間質性肺炎などの重い副作用がでる場合もありますが、西洋薬に比べると少なめという印象です。
しかし、高齢者や腎臓病の人は副作用がでやすいので、とくに注意が必要です。漢方薬を服用している間は、漢方薬の知識が豊富な医師のもとで定期的にチェックを受けたほうがいいでしょう。
〜漢方薬の上手な飲み方〜
エキス製剤は、お湯に溶かして飲むことをおすすめします。もともと漢方薬は生薬を煮出す煎じ薬で、エキス剤はそれを顆粒状に加工したもの。本来の煎じ薬に近い形で飲んだほうが、より高い効果が期待できるからです。
また、西洋薬は食後に飲むことが多いですが、漢方薬は食前または食間(食事と食事の間)の服用が一般的。ただし胃腸が弱い人は、食後に飲むといいでしょう。
漢方薬の場合、毎日飲むことで効果を発揮する薬が多いのですが、症状のあるときだけ服用するものもありますから、医師の指示にしたがうようにしてください。
薬の種類によっては飲み方にコツがあります。
たとえば初期の風邪薬として有名な葛根湯の場合、熱めのお湯で溶かして冷めないうちに飲み、体を温めるようにします。服用後の養生も大切で、ふとんをかぶって安静にし、じっくり汗を出すようにすると、回復が早まります。
また、こむら返り(急激に起こる筋肉のけいれん)の痛みに効果がある芍薬甘草湯の場合、夜寝る前に1包飲むようにします。こむら返りは就寝中に起こることが多いので、あらかじめ飲んでおくことで痛みが出るのを防ぐことができるのです。
〜漢方薬は他の薬と併用できるの?〜
ほとんどの漢方薬は、西洋薬と併用できます。しかし西洋薬の中には飲み合わせに注意が必要なものもあり、とくに利尿剤や気管支拡張剤、鎮痛解熱剤などは気をつけたほうがいいでしょう。必ず主治医に相談するようにしてください。
なお、漢方薬と他の薬は、同時に飲んでも問題ないことのほうが多いのですが、できれば30分くらい間をおくようにします。とくに鉄剤や牛乳は1時間以上経ってから飲んだほうが安心です。
コラム2  中国で買ってきた薬も漢方薬なの?

中国の伝統医学の薬は、「中医薬」と呼ばれていて、日本の漢方薬とは違うもの。日本の漢方薬は、中国人向けの薬が長い時間をかけて日本人の体質に合うように改良されたものだからです。
なお、中国のみやげ物店やネットで売られている薬の中には、中医薬とも違う成分も含まれている場合もあります。西洋薬の劇薬を混ぜたような危険なものもあるので、飲まないほうが無難です。やせ薬や強壮剤、リウマチ薬、喘息の薬、糖尿病薬などは、とくに注意したほうがいいでしょう。