制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方が、あなたのためにできること

漢方が、あなたのためにできること

第14回 日漢協・市民公開漢方セミナー 2011年11月28日(月曜日)
「漢方が、あなたのためにできること」(医)KMG 横浜朱雀漢方医学センター 熊谷由紀絵 先生

「いまさら漢方」のその理由

近年は医学とともに薬の開発も進み、さまざまな薬が病院で処方され、薬局に並べられています。薬に近い成分を含んだドリンク剤などは、コンビニでも手に入れることができるようになりました。「これだけの種類があるのに、なぜいまさら漢方なの?」と首をかしげる方もいらっしゃるでしょう。 実はふだん私たちが手にしている薬(西洋薬)は、「治療するターゲット」を絞り込んで化学的に合成されたもの。「強力に炎症を抑える」「菌などを殺す」「不要なものを排出させる」といった作用が得意で、ウイルスや細菌に感染したときに使用する抗生物質のように悪い部分を徹底的に治すことが可能です。難しい病気に対しても出番が多く、薬だけで治るケースも増えてきました。 しかし、ターゲットを絞り込んで治療するという性質上、原因がはっきりしない不調には手の打ちようがないというデメリットもあるのです。また、効果が強いぶん副作用も強く現れ、身体を傷めつけてしまう危険も併せ持っています。しばしば副作用が問題になる抗がん剤は、その代表例と言えるでしょう。
一方、東洋医学では西洋医学のような局所の治療ではなく、「体や心のバランスの乱れが病気を引き起こしている」と考え、バランスを整える治療で症状を改善します。「個々の弱い部分」を補って身体を守り、丈夫にしていくというアプローチが、漢方の特徴です。 こうした特徴をよく表しているのが、「虚・実」という漢方特有の体質の分け方です。「虚証」は文字通り病後で体力が低下した状態や虚弱体質のこと。一方「実証」は体力が充実した状態の人を指します。虚証よりも実証のほうがいい印象を受けるかもしれませんが、実は実証の場合は身体に不要なものまでためこんでいて、虚証とは別の意味でバランスを崩しています。 漢方が理想とするのは「中庸(=中間)」。弱いものに働きかけて補い、強すぎるものは抑えて中庸に持っていく。ちょうど真ん中がいい――というのが漢方のポリシーなのです。