制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方に親しむ

漢方に親しむ

第15回 日漢協・市民公開漢方セミナー 2012年10月11日(木曜日)
「漢方に親しむ」ダイナメディカル根津クリニック 定形綾香 先生

1.現代に通じる「養生」〜食事と運動〜


健康管理の基本は食養生
テレビや新聞、雑誌などには、「あれを食べると健康にいい」「こういう食事でダイエットできる」といった食に関する情報があふれています。食は、ただ単に食欲を満たすだけでなく、人間が健康に生きていくうえで欠かせないもの、大きな関心事のひとつでしょう。

医療においても、食は重要な位置付けになっています。糖尿病などでは食事療法が基本になりますし、心臓病や脳梗塞の予防のために一日の摂取カロリーを制限して体重をコントロールするといった栄養指導も行われています。また、ビタミンやミネラルやタンパク質などをバランス良く摂取することで、骨や筋肉などが維持され、成長期はもちろんのこと、高齢期の生活の質を保つことが出来得るのです。

漢方の世界では、食事をどのように考えているのでしょうか。中国では、3000年も前からすでに「食養生」の大切さが認識されていました。紀元前11世紀〜前8世紀の周の時代にはすでに医師という官職があり、その中でも周王室の食事を管理する「食医」は最高位に位置付けられ、「食養生は薬物治療より重要」と考えられていたのです。

周代から約2000年を経た唐代においても、健康管理は食養生が基本で、薬は万が一病気になったときに使うもの、という考え方が変わることはありませんでした。

中国の食養生では、食材一つ一つを「四気(寒熱温涼)」と「五味(酸味・苦味・甘味・辛味・塩味)」に分けて考えます。たとえばキュウリは寒と甘味で「寒甘」、ニラは温と辛味で「温辛」、シソは温と辛味に苦味も加わって「温辛苦」、馬肉は「寒甘酸」というように分類していくのです。

こうした分類の基本になっているのが、「陰陽五行説」という中国独特の哲学思想です。「陰陽説」と「五行説」の二つを組み合わせた理論から構成され、現在の中国伝統医学や鍼灸の世界においては根幹をなす理論となっています。

陰陽五行説では、「陰陽五行のバランスが取れている状態が健康である」と考え、バランスを崩すと病気になるとされています。そこで、病気を未然に防ぐために、からだに熱がたまっていれば冷やし、からだが冷えていれば温める、つまり足りないものは補い、余っているものは捨てるよう説いています。その足し算、引き算こそが食養生と言っていいでしょう。

また、陰陽五行説では、「怒ると肝臓が悪くなる」「苦いものを取ると心臓によい」「大腸が悪いと肺が悪くなる」というように、からだのそれぞれの臓腑と感情や味覚は、深くかかわりあっていると捉えています。

食に関する情報の中でも「生姜入りのシロップを飲んで、冷え予防」「夏野菜は体を冷やすので、体を温める薬味といっしょに食べよう」「体力アップや滋養強壮に黒ゴマなどの黒い食材がよい」といったものは、中国の古代からの食養生から導き出された知恵と言えるでしょう。




「運動」も医療のひとつ
食事と並ぶもうひとつの養生が「運動」です。運動は生命に直結する食事よりも軽視されがちですが、散歩や自転車や水泳などの有酸素運動を定期的に続けることで体重が増えすぎないようにコントロールできますし、糖尿病や高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などの病気予防にもつながります。一方、筋力トレーニングなどの無酸素運動も、基礎代謝を増加させ、冷えにくく太りにくい体を作ってくれるのです。そして人口の高齢化が進行しつつある現代社会において、寝たきりにならずに最後まで歩いて元気に生活できる体を維持する上で、運動は欠かせないものとなっています。

中国では紀元前の古代から、運動を医療として捉えてきました。古代の運動療法の起源は「導引術」と呼ばれ、ある特定の動作をすることで経絡や五臓に気をめぐらせて、健康な状態を維持しようとするものでした。その後、導引術は「気功術」として武術などの中に残り、現代まで受け継がれています。また、太極拳なども導引術の流れを汲んだ運動です。

養生の最大の目的は病気予防
現存する中国最古の医学書と呼ばれている『黄帝内経』(こうていだいけい)は、「素問」(そもん=医学の基礎理論)と「霊樞」(れいすう=鍼灸理論)に分けられており、「素問」には、「聖人はすでに病んでしまったものを治すのではなく、未病を治すものである。病気になってから薬を飲んだりすることは、のどが乾いてから井戸を掘るようなものである」と説かれています。

食事や運動による養生の最大の目的は、病気になってから直すのではなく、病気にならないように予防する、病気の一歩手前で食い止めること。「未病を治す」というのは、漢方医学における根本哲学なのです。