制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方に親しむ

漢方に親しむ

2.漢方薬ってどんな薬?


複数の生薬を組み合わせた薬
西洋薬は、単一の成分でできていますが、漢方薬は複数の天然物の組み合わせで構成されています。そしてそのひとつひとつは「生薬」といわれ、自然界にある天然の植物や動物、鉱物が使われています。

たとえば、風邪の薬としておなじみの「葛根湯」は、葛根、芍薬、甘草、生姜、桂枝、麻黄、大棗の7種の生薬が配合されています。生姜など、食材としておなじみのものも含まれています。

そのほかにも、シソの葉(紫蘇葉)、にんじん(人参)、ボタンの根の皮(牡丹皮)、みかんの皮(陳皮)、くちなしの実(山梔子)、かきの貝殻(牡蛎)など、身近なものから希少なものまで、たくさんの生薬の組み合わせで漢方薬が作られているのです。

原料が自然界の植物や動物、鉱物と聞いて、安全性を気になさる方も多いでしょう。しかし危険な組み合わせは長い歴史の間に淘汰され、現在は安全なものだけが残っています。そのため副作用の心配は少なく、長く飲み続けることによる安心感がある薬です。

民間薬と漢方薬は似て非なるもの
漢方という言葉が身近になり、あちこちで使われるようになったために、民間薬と混同してしまう人も少なくありません。「ウコンやドクダミ、プーアール茶は、漢方薬ですか」などと質問を受けることもよくあります。実はドクダミやウコンのように、民間薬や食養生で使われている薬剤も、漢方薬の原料になっています。しかし単体で使用される民間薬や健康食品は、漢方薬のように複数の成分を組み合わせることによる相乗作用で治療効果を上げたり、副作用を軽減したりするものではないのです。

体質や体力、症状ごとに違う漢方薬
漢方薬の中でも「葛根湯」は風邪薬としておなじみの処方で、ドラッグストアなどでもよく見かけるようになりました。しかし風邪なら誰でもどんな症状でも葛根湯が効くというわけではありません。たとえば、とてもやせていて普段から胃も弱い体質(虚証)の人が風邪をひいたときに葛根湯を飲むと、汗が止まらなくなってだるさが増したり、胃がムカムカしたりするなど、体調を悪化させてしまうことがあります。

人それぞれ体質は違いますし、風邪になった時の体力や症状も違います。よりよい治療効果を得るためには、自分に合った漢方薬を選ぶことが大切です。


●コラム  女性の冷え症と漢方薬

女性に多い冷え症には西洋薬では対応できないため、漢方薬が大いに役立ちます。
しかし冷え方ひとつとっても、タイプの違いによって効果が期待できる漢方薬は違います。

① 手足の冷えるタイプ
  血液の循環が悪い・むくみやすい
  当帰芍薬散など

② 全身の冷えるタイプ
  エネルギーが足りない
  真武湯など

③ 足が冷え、顔はのぼせるタイプ
  血液のめぐりがよくない
  ストレスなどでバランスが崩れている
  加味逍遙散など