制作物のご紹介 >> 小冊子 >> がん治療と一緒に漢方を

がん治療と一緒に漢方を

第16回 日漢協・市民公開漢方セミナー 2013年10月9日(水)
「がん治療と一緒に漢方を」芝大門いまづクリニック 今津嘉宏 先生 (資料は今津嘉宏先生提供)

はじめに 〜がんと上手に付き合おう〜

日本のがん患者は年々増え続けており、将来二人に一人はがんになると言われています。今やがんは身近な国民病と言っても過言ではありません。死亡原因のトップという現実は変わりませんが、医療技術が目覚ましく進歩し、治る人も増えました。また、完治することは難しくても、がんと共存しながら生活できるようになっています。今回はがんにスポットを当て、漢方薬とのかかわりを紐解いてみたいと思います。

なお、現在「漢方」という言葉はいろいろな形で使われており、「本場中国の…」といった中医学のイメージが強いかもしれません。しかし医療業界では、「漢方=日本の伝統医学」であり、日本オリジナルの医学と捉え、英語でも「Kampo Medicine」と訳し、中国の伝統的な中医学の意味する「T.C.M(traditional Chinese medicine)」と区別しています。実際、日本の漢方は、中医学とは名前だけでなく、医学の理論体系も全く違うのです。

7年後の2020年に東京でオリンピック開催が決まりました。年を重ねるとともにさまざまな病気と上手に付き合っていくことが求められますが、みなさんが来るべきオリンピックイヤーを元気で迎えられますように。こんなところに少し気をつければ、あと7年間、さらに10年、20年健康で生きられる――そんな知恵をお話しましょう。