制作物のご紹介 >> 小冊子 >> がん治療と一緒に漢方を

がん治療と一緒に漢方を

【コラム】がんと漢方Q&A


Q1 主治医に漢方治療についてたずねることは問題ないでしょうか?
    また、漢方薬を処方してくれる医師をどのように探せばいいのでしょうか?

最近は漢方薬に理解のある医師や、積極的に使う医師も増えていますので、相談してみてください。漢方薬に詳しい医師を探すサイトを3つ紹介します。

◇日本東洋医学会  http://www.jsom.or.jp/
◇漢方のお医者さん探し http://www.gokinjo.co.jp/kampo/
◆Q life 漢方 Clinic  http://www.qlife-kampo.jp/clinic/

Q2 漢方薬は長期服用することで、副作用が発現しやすくなりますか?

ビタミン剤でも風邪薬でも、薬である以上は副作用の可能性はあります。漢方薬も同じで1回飲んだだけで現れることもありますし、長期的に飲んで蓄積されることで発現する人もいます。何かおかしいと感じた時はすぐに担当医に相談してください。

Q3 漢方薬は食前に服用するように言われましたが、
    食前と食後の服用では効果に違いがあるのでしょうか?

最新の研究では「漢方薬の有効成分が食べものの繊維質にくっつくと作用が弱くなる」ということがわかってきました。この結果から漢方薬を有効に活用するには、おなかにあまり食べものがたまっていない状態(空腹時)で飲んだほうがいいということになります。

Q4 漢方薬は服用しづらいですが、飲みやすくする方法はありませんか?

漢方薬は独特の匂いがあり苦みが強いものもあるので、人によってはとても飲みにくいものです。飲めない時は、次の方法を試してください。
① できるかぎり熱いお湯(80℃以上)少量(大さじ1杯くらい)で溶かす。1分かからずにサッと溶け、液体になると飲みやすく
  なるので、これで飲んでみる。匂いが鼻について飲みにくい場合は、氷を1個入れる。
② ①で飲めない場合は、さらに抹茶やコーヒー、ココアを小さじ1杯程度混ぜてみる。漢方薬の味が少なくなるので、こども
  でも飲みやすい。
③ オブラートを使う場合は、漢方薬を包んだものを少量の水に2〜3分浸し、のどごしのいいゼリー状にして飲む。