制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方に教えられたこと、気づかされたこと

漢方に教えられたこと、気づかされたこと

第17回 日漢協・市民公開漢方セミナー 2014年11月20日(木)
「漢方に教えられたこと、気づかされたこと」
大阪大学大学院医学系研究科漢方医学寄附講座 准教授 萩原 圭祐 先生

はじめに

近年、テレビや雑誌で漢方特集が多く組まれるなど、漢方への関心が高まっています。診療現場でも多くの医師が漢方を使用するようになり、2010年の意識調査では86.3%の医師が漢方を処方していると答えました。

みなさんが漢方に対して抱いているイメージは「穏やかな作用でゆっくり効く」あるいは「副作用が少なく、体にやさしい」といったところでしょうか。私の外来には「こういう症状があって困っている。漢方で何とかなりませんか」と、漢方に何らかの助けを求めて受診する方が少なくありません。漢方には西洋薬とは異なる「ある種のイメージと期待」があるのだと思います。

漢方は一般的な治療ではなかなか治らないような症状を治してしまうこともある一方で、何でも治せる魔法の薬ではありません。

今回は漢方医学とはどのようなものなのか、私自身が漢方を通して気付かされたこと、教えられたことについてお話したいと思います。