制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方の得意な病気

漢方の得意な病気

第18回 日漢協・市民公開漢方セミナー 2015年10月26日(月)
「漢方の得意な病気」
東京女子医科大学 東洋医学研究所 教授 伊藤 隆 先生

はじめに

漢方医学には『気(き)』『血(けつ)』『水(すい)』という概念があり、「体の中をこの3つが過不足なくスムーズに巡ることで健康が保たれる」と考えます。つまり気・血・水が不足したり流れが乱れたりすると、病気や不調が生じると考えます。漢方薬は気・血・水の不足を補い、流れを整えることで、つらい症状を改善していく薬です。

一方、現代医学(西洋医学)では病気の原因を検査で見つけ出し、その原因を取り除く治療をするのが一般的です。つまり原因がはっきりしなければ治療の対象にはなりづらいため、みなさんの中には、なんとなく調子が悪い、疲れる、だるい、痛い…そんな不調を抱えているのに、「病院で検査しても異常がないと言われたからつらいまま我慢している」という方も多いのではないでしょうか。

しかし現代医学とは異なるアプローチで治療する漢方なら、今まで治せなかった不調や病気を改善できる可能性があります。そこで今回は、漢方医学の「気・血・水」の概念の中でも「気血(きけつ)」にポイントをおいて、漢方薬がさまざまな病気に効果を発揮するしくみを解説します。さらに医療の現状と、漢方薬の副作用や問題点などもお話しします。漢方医学の知識を身に付けた上で、上手に活用していきましょう。