制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方の得意な病気

漢方の得意な病気

漢方薬の副作用を防ぐには

漢方薬は比較的副作用が少ない薬ですが、全くないわけではありません。できるだけ副作用が出ないようにするために「安易に2剤3剤の漢方薬を併用しない」「複数の診療科にかかっている場合、他の科から漢方薬が処方された時は医師に伝える」「漫然と続けず、一回良くなったらやめることも考える」といった注意も必要です。1日2包くらいから始め、証を診て使っていただきたいと思います。