制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方で すこやか生活

漢方で すこやか生活

3.漢方治療(診断)



四診
漢方医学では五感を使って診断する独自の方法があります。それは「四診」と呼ばれ望診・聞診・問診・切診に分けられます。

望 診
体の様々な部位を目(視覚)で観察する診断法です。顔色や肌のハリそして目の輝きなどを見ますが、特に舌が重視されます。舌は体内の状態を映し出す鏡と考えられており、その形状や色そして表面の苔などで情報を取ります。
聞 診
耳(聴覚)と鼻(嗅覚)を用いる診断法です。声のハリや咳の種類、おなかのグルグルという音、さらには痰や身体の臭いまで情報になります。
問 診
病歴や自覚症状を聞き出す診断法です。現代医学でも行われる診断ですが、食事の好み、たとえば甘いものや熱いものが好きか嫌いか、気温の変化、たとえば暑さには強いが寒さは苦手など、直接病気とは関係なさそうなことも聞くことがあります。
切 診
手で直接触れる(触覚)診断法です。脈が速いか遅いか、軽く触れてもわかるのか強く押さないとわからないのかなどの性状を観察します。また、日本で特に発展した腹診は、腹直筋のハリや圧痛点の位置など、やはりさまざまな性状を観察します。

(症状により必ずしも四診全てを実施するとは限りません。)

証という考え方
診断で得られた情報を整理して、症状の改善に最適な漢方薬を選びます。たとえば、寒気がして熱の出始めで、首から肩にかけてのコリがあり、そして自然発汗が認められない、この症状は「葛根湯証」であると診断します。「葛根湯証」であれば葛根湯を処方するという、診断から治療指針が決まるのが漢方医学の特徴です。

また、体質の鑑別で「証」の概念を使う場合もあります。イラストのように「実証」「虚証」を見分けます。それぞれに使用されるお薬があり、実証の人に使われるお薬を虚証の人に使用すると、かえって症状が悪化する場合があります。実証と虚証の区別がつきにくい人を中間証としてとらえ、異なる漢方薬を第一選択薬にすることがあります。


西洋医学との違い
西洋医学は自然科学を基盤に進化してきましたが、漢方医学は哲学思想と集積された臨床経験を基盤に発展してきました。西洋医学は、外科的処置に優れ大きな成果を上げています。また、細菌学の発達により予防と治療、さらに他覚的所見を重視して検査データを基にして病名を決定し、的確な治療薬を使用します。漢方医学は、個人の体質改善を考え、心身両面から症状を観察し、多くの情報から判断して治療に結びつける方法を導き出します。西洋医学では、細菌やウイルスなどを直接攻撃し死滅させるお薬が使われます。漢方医学では、本来人間が持っている自然治癒力で治療します。たとえば、インフルエンザによる学級閉鎖を考えると、同じ環境にありながら罹患しない生徒もいます。罹患した生徒は心身のバランスが崩れ、本来人間が持っている自然治癒力が衰えている状態です。漢方薬ではこのバランスを整え、抵抗力を戻す治療になります。

西洋医学では基本的に、合成された単一成分のお薬が使われ、漢方医学では多くの成分を含有した天然品の生薬を複数組合せたお薬が使われます。複合成分であるために、効果のメカニズムが解明しづらいものの、科学の発展とともに解明されつつある漢方薬もあります。