制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方は素晴らしい!漢方薬の特長

漢方は素晴らしい!漢方薬の特長

第19回 日漢協・市民公開漢方セミナー 2016年11月14日(月)
「漢方は素晴らしい!漢方薬の特長」
日本漢方生薬製剤協会 一般用漢方製剤委員会 委員長 長島 義昌 氏(薬剤師)

漢方とは

「漢方」は、中国の古代医学を起源としていますが、日本で独自の発展を遂げた日本の伝統医学です。江戸時代に伝わった西洋医学である「蘭方(らんぽう)」に対し、中国(漢)から伝わり、日本で発展した伝統医学は「漢方」と呼ばれるようになりました。

現代医学は患者さんを診断して病名を決定し、それに応じた治療を行いますが、漢方医学では個々の体の状態や体質を重視して治療を行います。そのため同じ病気でも違う薬で治療するということもありますし、同じ薬で違った病気を治療することもあります。

漢方治療は長く続けて服用しその効果をじわじわ実感することも多いのですが、風邪の初期などに使われる葛根湯や、痙攣やこむら返りに使う薬の芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)など、速効性のある薬も少なくありません。また「副作用がない」「使いやすい薬」というイメージが強い漢方薬ですが、薬である以上副作用が出ることもあります。気になる症状は、医師、薬剤師、登録販売者などに相談しましょう。

漢方治療では体質や年代に合わせた多種類の薬が用意され、お年寄りから小さいお子様まであらゆる年代の方に処方が可能です。さらに普段から体力がないという方に向く構成の処方もあります。