制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方は素晴らしい!漢方薬の特長

漢方は素晴らしい!漢方薬の特長

漢方処方の基本


気・血・水
漢方医学では人の体を「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで捉え、それぞれが量的にしっかりあって、そして全身をくまなくめぐっている状態が健康であると考えます。

まず「気」は、元気、気力といった言葉からもわかるように、「目には見えないけれども体に影響を与えるもの」の総称です。酸素が体のすみずみまで送られるとか、神経伝達がスムーズに行われる、これが漢方医学でいう気の流れと考えていただきたいと思います。

「血」は栄養を含んだ赤い液体で、血液と考えてください。

「水」は、体を潤す「体液」です。

虚・実
「虚(きょ)」は必要なものが足りず、体がへこんでいる状態、「実(じつ)」は余分なものが取り付いていて、出っ張っている、いびつになっている状態と言えます。この状態を矯正するのが漢方医学の治療です。