制作物のご紹介 >> 小冊子 >> 漢方は素晴らしい!漢方薬の特長

漢方は素晴らしい!漢方薬の特長

Q&A


Q.1 漢方薬の名前の末尾に漢字で「湯(とう)」、「散(さん)」、「丸(がん)」、などがつきますが、
なにを意味しているのでしょうか。(51歳女性)
A.1 八味地黄丸は「丸」、防風通聖散は「散」、葛根湯は「湯」、本来の使い方を表しています。今の日本の漢方製剤は基本的には全てエキスを抽出して錠剤・顆粒などにしていますが、昔の使い方を処方名で表しているということです。丸剤は生薬をつぶして固めた物、散は生薬を粉薬にした物、湯は煎じてその湯を服用した、というふうに昔はそういう作り方をしたということになります。

Q.2 漢方薬はどのくらいの期間服用すれば、効果が出てくるのでしょうか。(55歳男性)
A.2 薬によって異なりますが、速効性を期待する薬以外は一カ月を目安に服用してください。一カ月飲んでも効果が全然感じられない場合は、薬局薬店で相談してください。

Q.3 漢方を服用して症状が落ち着いたら、服用をやめてもいいのでしょうか。(45歳女性)
A.3 お薬は飲んで症状が消えたからやめても絶対に症状が戻らないということはありません。症状が落ち着いたら、1日3回を朝晩の1日2回にするとか、1回4錠飲む薬を半分や3錠にするなど、様子を見ていただくという方法もありますので薬局薬店で相談してください。

Q.4 複数の漢方を使用しても問題ないでしょうか。サプリメントとの併用で注意することはありますか?(49歳女性)
A.4 薬局薬店で薬剤師もしくは登録販売者の方に具体的に相談してください。2処方を使用する時は、生薬が重複する場合が考えられますので、現在服用しているものを示して相談してみましょう。サプリメントとの併用についても、やはり相談していただくことをお勧めします。