お問い合わせコーナー >> 薬局・薬店で購入した漢方薬について(一般用漢方製剤) >> 6: 副作用について

6: 副作用について

1) 漢方薬は西洋薬と違って副作用がないといわれていますが、本当でしょうか。

西洋薬に比較して少ないといわれていますが、漢方薬も医薬品ですので副作用があります。例えば、副作用としては胃腸障害(食欲不振、胃部のもたれ、軟便など)、や皮膚症状(じんましん、かゆみ、発赤など)などが主なものですが、まれに、重篤化するものもあります。服用中に症状が悪化したり、気になる異常な症状が現れた場合には、直ちに、お買い求めいただいた薬局・薬店でご相談下さい。

2) 副作用かな?と思ったら、どうすればよいでしょうか。

副作用が起きたのかな?と思ったら、お買い求めいただいた薬局・薬店でご相談下さい。

3) 漢方薬で起こる副作用にはどのように注意したらよいでしょうか。

(1) 胃腸の弱い方
漢方薬でも、食欲不振、胃のもたれ、腹痛、軟便・下痢などが起こることがあります。胃腸の弱い方は、服用前に薬局・薬店でご相談して下さい。

(2) アレルギーの経験のある方
過去のアレルギー歴(アレルギーを起こした薬、食物などについて)について服用前に薬局・薬店でご相談して下さい。

(3) 高齢者の方
高齢になりますと、肝臓・腎臓などの代謝機能が低下して漢方薬に限らず薬の副作用が現れやすくなります。その場合は、一般にのむ量を減らすなどの注意をすることがありますので、服用前に薬局・薬店でご相談して下さい。

(4) 以前に漢方薬で副作用の経験のある方
漢方薬の名前が異なっても、過去に副作用を起こした漢方薬と同じ生薬が用いられている場合がありますので、服用前に薬局・薬店でご相談して下さい。

4) 小柴胡湯で肺炎になり死亡された患者さんがいるそうですが。

残念ながらそのような患者さんがおられます。おそらく小柴胡湯に起因するアレルギーによる「薬剤性の間質性肺炎【かんしつせいはいえん】」が発症したものと考えられます。薬剤性の間質性肺炎は、初期の症状として、かぜによく似た「発熱、咳、からだを動かしたときの呼吸困難」などが起きますので、こうした症状に注意することが必要です。副作用が疑われる場合には、すぐにのむのを中止し、お買い求めいただいた薬局・薬店でご相談下さい。