お問い合わせコーナー >> 医師の処方でもらった漢方薬について(医療用漢方製剤) >> 1: 用法・用量について

1: 用法・用量について

1) 漢方薬は、なにでのむのが一番よいでしょうか。

一般に、西洋薬と同じで、コップ一杯の水又は白湯(さゆ)(お湯)でのんで下さい。もともと煎(せん)じた漢方薬は温かい状態でのんでいましたので、顆粒又は細粒はインスタントコーヒーのようにお湯に溶かしてのむこともできます。出血や吐き気のあるときは、冷たいお水でのんだ方が良いともいわれています。また、胃腸の弱い人は、胃腸への負担が軽減されるので、白湯(さゆ)でのむほうがよいでしょう。

2) 水又は白湯以外のジュースや牛乳などでのんでもよいでしょうか。

漢方薬の中には、その苦みなどの味で胃の働きを活発にする目的で用いられるものもあります。従って、多少のみにくいと思われても、できるだけ水または白湯(さゆ)(お湯)でのむようにして下さい。どうしてものめないときは、多少甘みのあるものでのんでもかまいませんが、牛乳、ジュースやコーラは薬と相互作用を起こす可能性もありますので、できるだけお止め下さい。

3) 子供がいやがってのまないのですが、どうすればよいでしょうか。

お子様にきちんと薬をのむことの大切さを納得させて下さい。親が安易に子供に同調してしまいますと、次第にのまなくなってしまいます。一口に漢方薬といっても、味はそれぞれ異なり、意外とおいしい味のものもあります。上手にのめたときは誉めてあげることも大切です。後で、キャンディーなどをあげてもよいでしょう。

4) 赤ちゃんに薬を飲ませるためのよい方法を教えて下さい。

顆粒又は細粒の場合には次の方法を試してみて下さい。まず、少量の水で練って団子状にし、上あごの裏に塗りつけておくと、赤ちゃんはそれを舌でなめてのむことが出来ます。そして、くすりをのみ込んだらすぐに飲み物を与えましょう。お湯に溶かしてスプーンやスポイトで少しずつ時間をかけて流し込む方法も良いでしょう。ミルクに溶かすのは、クスリの吸収が低下する恐れがあり、赤ちゃんをミルク嫌いにするので良くないといわれています。また、蜂蜜で甘みをつける方法は、生理機能が高くない乳児の場合、ボツリヌス菌中毒の問題があるため、お勧めできません。赤ちゃんは、大人が思うほど嫌がらないものです。「苦くてかわいそう」などの大人の感情が、子供に移らないようにして下さい。

5) 錠剤はつぶしてのんでもよいでしょうか。
また、カプセルは中から出してのんでもよいでしょうか。

ご自身の判断でそのようにされるのは、いろいろな問題が生じる心配がありますので、事前に、処方医師又は薬剤師にご相談下さい。

6) オブラートに包んでのんでもよいでしょうか。

漢方薬の中には、その苦みなどの味や香りで胃の働きを活発にする目的で用いられるものもあります。従って、どうしてものみにくい場合以外は、できるだけそのままおのみ下さい。

7) 指示された時間にのみ忘れてしまいましたが、どうしたらよいでしょうか。

基本的には思い出したらすぐにのむようにして下さい。ただし、次に服用する時間が近いときは、忘れた分はのまないようにして、次の服用時間から服用を再開して下さい。のみ忘れたからといって、忘れた分を一緒に服用しないようにして下さい。あらかじめ、のみ忘れたときの対応を、処方医師又は薬剤師に確認されることをお勧めします。

8) 漢方薬は、いつのんだらよいのでしょうか。

漢方薬は一般的には、食前(食事の30分〜1時間前)、食間(食後2時間)あるいは空腹時にのみます。しかし、普通のお薬のように食後服用のこともありますから、用法・用量の記載を確かめて、その指示に従ってのんで下さい。何らかの理由で、どうしても食前・食間・空腹時にのめない場合は、処方医師又は薬剤師にご相談下さい。

9) 子供が誤ってのんでしまいました。どうすればよいでしょうか。

一般に、漢方薬そのものの毒性は低く、成人服用量の範囲内であれば、水または白湯(さゆ)(お湯)をたくさんのませて、しばらく様子を見ていただければよいでしょう。気分が悪くなったり、身体に異常がみられた場合は、すぐに、処方医師又は薬剤師にご相談下さい。大量(数十g)にのんでしまったときには、すぐに処方医師又は薬剤師にご相談下さい。

10) 今までのんでいた漢方薬を、誤って量を多くのんでしまいました。だいじょうぶでしょうか。

一般に、漢方薬そのものの毒性は低く、通常服用量の倍量程度であれば、水または白湯(さゆ)(お湯)をたくさんのんで、様子をみて下さい。気分が悪くなったり、身体に異常がみられた場合は、すぐに、処方医師又は薬剤師にご相談下さい。大量(数十g)にのんでしまったときは、すぐに処方医師又は薬剤師にご相談下さい。

11) 効きめがよわいと思うので、のむ量を増やしてもよいでしょうか。

漢方薬の種類によっては、量を増やすことにより効果が強くなるものもあります。しかし、量を増やすことに意味がなかったり、副作用が出やすくなったりする場合もあります。また、医師が治療上の正しい判断ができなくなります。自己判断で量を増やすことはお止めになり、処方医師又は薬剤師にご相談下さい。

12) 症状がだいぶよくなったので、のむ量を減らしてもよいでしょうか。

自己判断で量を減らしてしまいますと、医師が治療上の正しい判断ができなくなりますので、まず、処方医師又は薬剤師にご相談下さい。