お問い合わせコーナー >> 医師の処方でもらった漢方薬について(医療用漢方製剤) >> 4: 服用する期間について

4: 服用する期間について

1) 漢方薬は長くのまないと効かないと聞いたのですが本当でしょうか。

漢方薬の種類、病気や症状、患者さんの体質、罹病(りびょう)期間、生活習慣などにより、効果の出方は様々です。漢方薬でも、急性の病気においては、比較的早く効果が出ます。また、慢性疾患では、効果が早く出ても、確実に治るまでには比較的長期間かかることが多いようです。漢方薬が一般に、西洋薬で治らない原因のはっきりしない難しい病気に用いられることが多いので、「漢方薬は長くのまないと効かない」という、片寄った説が広まったものと思われます。

2) 漢方薬をのんで調子がよくなってきたので、自分の判断でのむのを
止めてもよいでしょうか。

病気によっては、すぐに調子が良くなったからといっても治ったとは限りません。また、のむのを止めると、再発することもありますので、処方医師又は薬剤師に相談して下さい。症状が改善し、安定した状態が長く続いているような場合でも、自己判断で止めずに、必ずご相談下さい。