お知らせ一覧 >> 日漢協からのお知らせ >> 詳細ページ

PMSハンドブックの作成・配布に関して

平成15年6月30日掲載

PMSハンドブックの作成・配布 医療用漢方製剤 安全性情報の基礎知識

日本漢方生薬製剤協会(会長:風間 八左衛門)では、会員会社において医療用漢方製剤の情報提供に携わるMRが、 添付文書に書かれている安全性情報を正しく理解し、安全性情報の均一化を図ることを目的として、「PMSハンドブック」を作成し、 会員各社に配布しました。MRに対するPMS教育を実施し、共通する質の高い情報を医療関係者に提供することの 一助に本ハンドブックを使用することを、各会員会社に要請しています。

日本漢方生薬製剤協会では、「漢方の新しい展開21」の具体的な活動の一つとして、MRに必要とされる漢方の基礎知識についての 教育研修カリキュラム「MR漢方教育研修ガイド」を一昨年作成し、各会員会社に配布しています。

今回作成した「PMSハンドブック」は、安全性への関心が医療関係者のみならず広く一般市民においても高まっている背景を受け、 医療用漢方製剤の適正使用を推進していくための情報を、実例を交えながら分かりやすく解説しています。

この「PMSハンドブック」は、教育研修のツールとしてのみならず、MRには常時携帯してもらい、医療関係者からの問い合わせに すぐに答えられるようにとの意図から、携帯しやすいB6版サイズとしてまとめています。

日本漢方生薬製剤協会では、「漢方の新しい展開21」を確実に推進することによって、国民の医療と健康に貢献したいと願っております。

内容
  • PMSの基礎知識
  • 医療用漢方製剤の添付文書
  • 医療用漢方製剤の「使用上の注意」
  • 医療用漢方製剤の主な副作用