お知らせ一覧 >>他団体からのお知らせ >>国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会

国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会

提 言 書

2017年3月 国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会

「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会(以下:ビジョン研)」(髙久史麿会長)は、漢方医療を取り巻く課題と対応策に関する「提言書」を作成し、2017年3月17日に発表しました。

超高齢社会の日本において、今後も国民の健康と医療に貢献し続けるためには、より一層の漢方医学の研究や医学教育の推進に加えて、漢方製剤等の有効性・安全性・品質に係わるエビデンスの一層の集積、原料生薬の安定確保、製品の安定供給等、解決すべき課題があります。アカデミア、関係団体、関係官庁、国民・患者など広い範囲でそれらの課題の共通認識を醸成し、解決に向けた検討を進めることを目的に、日本東洋医学会と日本漢方生薬製剤協会の共催でビジョン研を2016年8月に立上げました。

提言書は、漢方製剤等をめぐる現状と2016年に開催した3回の研究会「がん領域」「高齢者医療」「品質確保と安定供給」と、2017年2月に開催した「フォーラム」における議論の内容を取りまとめたものです。

ビジョン研は、この提言書の内容を確実に実現するために、今後も活動を継続して参ります。

● 提言書 (PDF形式・986KB)
● 提言書の概要 (PDF形式・423KB)
● 提言書概要 リーフレット (PDF形式・3,726KB)