トップ >> 生薬一覧 >> ボタンピ

生薬の解説

ボタンピ (牡丹皮)

観賞用として古くから知られている中国原産の落葉潅木である。本邦への渡来は聖武天皇の頃、僧空海が中国から持ち帰って全国数ヶ所に植えたといわれ、園芸品として拡がり、品種が多い。根皮を薬用とする。

生薬

  1. 基原

    ボタン Paeonia suffruticosa Andrews (Paeonia moutan Sims) (ボタン科 Paeoniaceae) の根皮を乾燥したもの。

  2. 産地

    中国 (安徽省、江蘇省、山東省 等)、日本 (奈良県 等)、韓国

  3. 生薬の性状

    管状~半管状の皮片で、厚さ約0.5cm、長さ5~8cm、径0.8~1.5cmである。
    外面は暗褐色~帯紫褐色で、横に長い小だ円形の側根の跡と縦じわがあり、内面は淡灰褐色~帯紫褐色を呈し、平らである。
    折面はきめがあらい。内面及び折面にはしばしば白色の結晶を付着する。
    特異なにおいがあり、味はわずかに辛くて苦い。

  4. 成分

    paeonol、paeonolide、paeonoside、paeoniflorin、oxypaeonlflorin誘導体、タンニンなど。

  5. 生薬試験 局方規格値

    ペオノール1.0%以上
    純度試験(1) 木部  木部5.0%以上を含まない
    (2) 重金属  10ppm以下
    (3) ヒ素  5ppm以下
    (4) 異物  木部以外の異物1.0%以上を含まない
    (5) 総BHC及び総DDT  0.2ppm以下
    灰分6.0%以下
    酸不溶性灰分1.0%以下